パーフェクトワールド

パーフェクトワールド9話あらすじ・感想・ネタバレ【パフェ】

ドラマ『パーフェクトワールド(パフェ)』は、FODで無料見逃し配信動画を行っています。

見逃した方や、もう一度見たい方は公式HPより視聴することが可能です。
>>フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】

パーフェクトワールド(パフェ) 9話あらすじ

正直な気持ち

鮎川樹(松坂桃李)は、川奈つぐみ(山本美月)を自分の事故現場に連れていきます。

事故後に後悔で苦しんだ樹は、一日一日を悔いの無いように生きようと決めていました。

しかし、つぐみと別れてしまった事を、樹は後悔していたのです。

樹は、事故の事をできるだけ思い出さないようにしてきましたが、「過去からも現実からも目を反らさずに正直に生きていきたい」とつぐみに言います。

そして、樹はつぐみに「もう一度やり直してほしい」と伝えたのです。

しおりの怒り

つぐみから話を聞いた妹のしおり(岡崎紗絵)は、「昔から人の事を傷つけて、人の痛みに鈍感」だと、今までの不満が爆発してしまい泣きながら怒りをぶつけます。

「人の気持ちを踏みにじってまで幸せになりたいの?」としおりはつぐみに言います。

しおりは、自分の片想いの相手で、つぐみの婚約者の是枝洋貴(瀬戸康史)を傷つけるつぐみが許せなかったのです。

サプライズを企画する洋貴

つぐみの誕生日に、洋貴はつぐみの実家でサプライズパーティーを仕掛けます。

渡せていなかった婚約指輪もサプライズで用意していました。

しかし、つぐみから「今から東京へ行く」実家に連絡が入ります。

洋貴は嫌な予感がしながら、東京に戻るのでした。

契約終了の申し出

同じ頃、ヘルパーの長沢葵(中村ゆり)に樹は電話を掛けます。

樹は話したいことがあると言い、翌日葵と会う約束をします。

そして、葵と会った樹は、葵の事を命の恩人だと感謝しているものの、葵の気持ちには答えられないと伝え、今月いっぱいでのヘルパー契約の終了を申し出ます。

しかし葵は、樹とつぐみが結婚してない内はヘルパーを辞めないと言うのでした。

樹と洋貴

東京へ戻ってきた洋貴は、その足で樹の元を訪ねます。

樹は、洋貴につぐみと会っていた事を話し、つぐみにもう一度やり直したいと言った事を伝えます。

謝る樹に、「謝って済む問題か?俺ら婚約してるんだぞ?プロポーズして、親にも挨拶して、式場まで…」と洋貴が言います。

樹は、本当に申し訳ないと謝るのでした。

「一発殴らしてもらっていいか?」と聞く洋貴に、樹は殴ってくれと伝えますが、結局洋貴は樹を殴りませんでした。

そして洋貴は、地震の時の避難所で、つぐみが描いた樹の寝顔の絵を樹に渡します。

「その絵を見ると、描いた人間がモデルの人間をどれだけ好きかバカでも分かる。今まで渡せなかったのは、俺の醜い嫉妬心だ」と洋貴は言います。

洋貴は物心ついた頃からつぐみの事がずっと好きでしたが、つぐみは学生のころ樹の事が好きで、洋貴は樹に勝てないと思っていました。

しかし、大人になって再会した樹は車イスになっていて、今なら勝てるのではないかと思った洋貴は、つぐみにアプローチができたのです。

その事を正直に話す洋貴に、樹も素直に気持ちを話します。

樹の気持ちを聞いた洋貴は、「絶対に別れるな。もしもう一度手を話したら、今度こそ殴る」と伝えるのでした。

婚約破棄

洋貴は、何事も無かったように、つぐみのいる家に帰ります。

精一杯いつも通りのフリをしていた洋貴ですが、なかなかはっきりと別れたいと言えないつぐみに苛立ちます。

そして、洋貴から「俺と別れたいんだろ?」と言うのでした。

つぐみは、洋貴となら幸せになれると思いつつも、樹への想いが立ち切れず、「時間が経てば無くなると思っていた迷いは無くならなかった」のだと洋貴に伝え謝ります。

洋貴は、もう二度とつぐみと会わないつもりで家を出るのでした。

しおりと晴人

しおりは、ストレス解消のために渡辺晴人(松村北斗)とカラオケに行きます。

いつもよりも弾けるしおりに、晴人は洋貴に告白しないのかと聞きます。

「30年以上片想いをしていた姉に振られて大失恋状態の彼に、妹が告白をするなんて間抜けな事はできない」と言うしおりに、「気持ちをぶつけてみろ。ダメだったら、俺が受け止めてやる」と晴人は言うのでした。

洋貴のやさしさ

洋貴はつぐみにメッセージを送ります。

その中には、『短い間だったけどつぐみの婚約者になれて幸せだった』『これからもずっとつぐみの幸せを祈っている』と書いてありました。

しおりの気持ち

気分転換の旅に行っていた洋貴は、家に帰りしおりにお土産を渡します。

心配をするしおりに、洋貴は「つぐみへの怒りは起きず、やっぱりかという落胆の方が大きかった」と伝えます。

「心のどこかでいつかこうなると分かっていた。でも、強引に結婚しちゃえば、つぐみもその内俺を一番好きになると思ってたんだけど…こういうのって、やっぱり上手くいかないな」と言い、切ない笑顔をする洋貴を見ていられなくなったしおりは、洋貴に自分の気持ちを伝えます。

洋貴はしおりの気持ちに感謝をしますが、今までしおりの事を妹のように思っていたため、今さら変えることができないと断るのでした。

契約終了の受け入れ

樹が仕事で山奥に一人で行くことになります。

契約終了を申し出たこともあり、「長沢さんには頼めない」と樹は言いますが、つぐみは葵を呼び出し、樹と一緒に行って欲しいと頼むのでした。

以前なら何がなんでも自分でしようとしていたはずのつぐみが、葵を頼った事で、葵はつぐみの変化を感じます。

葵はつぐみの願いを聞き入れ、樹に同行します。

そして、同行先でつぐみとモニター越しに話をする樹の姿を見て、自分の入れる隙間は無いと悟った葵は、帰宅した際に契約の終了を受け入れたのです。

プロポーズ

よりを戻し、樹の家で二人は一晩を過ごし、迎えた朝。

樹はつぐみに「俺と結婚してください」とプロポーズをするのでした。

つぐみの父

つぐみは両親に、洋貴との婚約を解消し、樹と寄りを戻したことを伝えます。

怒った父親はつぐみと話をしなくなり、つぐみを避けます。

樹は誠意を見せるため、何度もつぐみの実家を訪ねますが、父親は樹を避け会おうとしません。

何度も何度も実家へ来る樹に、とうとうつぐみの父親は「2人で話をしよう」と言うのでした。

パーフェクトワールド(パフェ) 9話感想

瀬戸さん演じる洋貴の演技が本当に素晴らしかったです。

特に、しおりに見せた切ない笑顔をした時の表情にグッと引き込まれました。

洋貴は嫉妬心などもあるものの、つぐみには勿体ないくらいのとても良い人なので、幸せになって欲しいなと思いました。

しおりも洋貴に気持ちを伝えることができ、気まずくもならなかったのが良かった。

パーフェクトワールド(パフェ) 今回(9話)のポイント

  • つぐみの誕生日に洋貴はつぐみの実家でサプライズを計画したが、つぐみは東京へ行ってしまった
  • 悔いのない人生を生きようと、気持ちに正直なった樹とつぐみは、寄りを戻した
  • つぐみは洋貴との婚約を解消した
  • 樹は葵に、ヘルパーの契約を終了することを伝えた
  • 晴人はしおりの告白の背中を押し、もしダメだったら俺が受け止めるとしおりに言った
  • しおりは自分の気持ちを洋貴に伝え、振られてしまう
  • ヘルパーを辞めないと言っていた葵だが、自分の入る隙間は無いと悟り、契約の終了を受け入れる
  • つぐみが樹と寄りを戻したことをつぐみの父親は許さず、つぐみや樹を避けていたが、遂に話の場を設けた

パーフェクトワールド(パフェ) 最終回(10話)の見どころ

  • 結婚を誓った二人に待つ最後の試練とは?
  • 皆に幸せは訪れるのか?

今回は、つぐみが洋貴との婚約を解消し、樹と寄りを戻した話でした。

次回は最終回で、2人はつぐみの両親に認められるのか、洋貴を含め他の人達も幸せになれるのか気になりますね。

パーフェクトワールド(パフェ) 9話を見逃した方や、もう一度見たい方は公式HPより視聴することが可能です。
>>フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】

関連記事