パーフェクトワールド

パーフェクトワールド5話あらすじ・感想・ネタバレ注意【パフェ】

ドラマ『パーフェクトワールド(パフェ)』は、FODで無料見逃し配信動画を行っています。

見逃した方や、もう一度見たい方は公式HPより視聴することが可能です。
>>フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】

パーフェクトワールド(パフェ) 5話あらすじ

つぐみの検査結果

線路に転落してしまった川奈つぐみ(山本美月)。

命に別状はなく頭部は軽傷、左足の関節を骨折し、全治2ヶ月との診断を受けます。

血液検査の結果、ヘモグロビンの値が低く、貧血を起こしやすい状態だということが分かりました。

つぐみは貧血を起こしたため、駅でふらついてしまったのです。

悔やむ樹

鮎川樹(松坂桃李)は事故の連絡をつぐみの家族と、是枝洋貴(瀬戸康史)にしていて、洋貴がすぐ病院へ駆けつけます。

「週に何回も残業して、つぐみは大変だった」と言った樹は、洋貴から残業は嘘だったと告げられます。

そこで初めて樹は、つぐみが残業ではなく自分の為に介護セミナーに通っていたのだと、知るのです。

つぐみがふらついたとき、近くにいたのに助けられなかったと、こんな体じゃなかったら助けられたはずなのにと、樹は悔やむのでした。

目を覚ましたつぐみ

目を覚ましたつぐみは、樹を巻き添えにしなくて良かったと、自分の事をそっちのけで樹を心配します。

同じ頃、つぐみを心配し、つぐみの家族が病院へ駆けつけます。

「線路から落ちるなんて尋常じゃない。もし死んでいたらどう責任を取るんだ」とつぐみの父は樹を責めます。

「一緒にいたのに何もできなかった僕の責任」だと謝る樹。

帰ってくれと言われ、樹は病室を後にするのでした。

長沢葵

充電器が無く、携帯の充電ができないつぐみは、樹と連絡が取れず、妹・しおりの携帯から樹に電話を掛けます。

ちょうど部屋から樹が出ている間に着信に気が付いた長沢葵(中村ゆり)が電話に出て、つぐみは驚いて電話を切ってしまいます。

そして、長沢は樹に知られないように着信履歴を消したのです。

つぐみの父

病院につぐみのお見舞いに行った樹は、つぐみの父親に遭遇します。

松本に転院する前に、一度つぐみと話したいと樹は願い出ますが、「頼む。あの子と別れてくれ」とつぐみの父から言われてしまいます。

つぐみは小さい頃病弱で、よく父親がおんぶして病院に行っていました。

病気で心臓が弱ってきていて、つぐみを子どもの頃のように助ける事ができなくなったつぐみの父親は、「どうしても娘は、私の代わりに背負って生きていける人に任せたい」と樹に頭を下げるのでした。

転院前の見送り

「松本に転院する前に必ず見送りに行く」と、つぐみに約束した樹でしたが、車で向かおうとするも体に異変が起きてしまいます。

手が痺れ、車を運転できず、松本に転院するつぐみを見送ることができませんでした。

そして、ちょうど樹の家に来た長沢が、樹の異変に気が付き、病院へ連れて行ったのです。

パニックになる樹

病院で合併症の可能性もあるから検査が必要だと長沢から説明された樹は「合併症かもしれないってこと?もしそうなったら仕事できなくなる。自分で動けなくなったらどうやって生きていけばいいのか」と長沢に言いパニックになります。

長沢から励まされ少し冷静になった樹は、松本への転院前に見送りに行くというタイミングで体調を崩してしまい、つぐみの見送りに行けなかったことを落ち込むのでした。

親の気持ち

骨折して車イスになり樹の大変さが改めて分かったつぐみ。

「好きな人を支えたいと思うことがそんなにいけない事なのかな?」と母親に聞きます。

「お父さんはつぐみに苦労させたくない」とつぐみの母親はつぐみに伝えます。

「どんな人もそれなりに苦労する。車イスだから苦労するって言うのは偏見」だとつぐみは母親に言いますが、つぐみの母親も父親も、大事な娘の事を思い、心配するのでした。

美姫との遭遇

一人で散歩に行くと母親に言い、つぐみは松葉杖で歩き出します。

散歩の途中で雪村美姫(水沢エレナ)と遭遇したつぐみは、カフェに入り近況を説明します。

何故見送りに樹が来なかったのかという話になり、父が会うなと言ったからだとつぐみは答えますが、それだけが理由で見送りに来なかったのではなく、何か事情があったのではと美姫は考え、樹に電話をします。

美姫が電話を掛けたことによって、見送りに行こうとしていた樹が体調を崩し、入院しているとつぐみは知ったのです。

東京へ戻るつぐみ

タクシーで東京へ帰ると言い出すつぐみを止める両親。

「私の人生なんだからお父さんには関係ないでしょ。これ以上、口出さないで」とつぐみは言います。

「友達にも会社にも家族にも迷惑をかけて、いい加減目を覚ませ」とつぐみを怒る父。

つぐみが自分の部屋で落ち込んでいた時に、ちょうど洋貴が心配してつぐみに会いに来ます。

東京から松本まで来たばかりの洋貴は、東京の樹の病院までつぐみを送るのでした。

長沢の気持ち

樹の元へ駆けつけたつぐみ。

つぐみは熱が下がらない樹を助けようとしますが、病室から出るように言われてしまいます。

「愛があれば乗り越えられるなんて幻想。綺麗事じゃ済まない。あなたがいたら彼は苦しむだけなのに、何で戻ってきたの?私も樹が好き。でもあなたよりも樹の役に立てる自信がある」と、長沢はつぐみに言ったのでした。

洋貴の気持ち

つぐみを樹の病院まで送った洋貴は帰りましたが、つぐみが車に忘れた物を届けに戻ってきます。

長沢から言われた事で落ち込んでいるつぐみを見て、「お前は本当に幸せなのか?お前ら見てても全然幸せそうに見えない。付き合うことでお互いがお互いを不幸にしてるんじゃないのか?」と、洋貴はつぐみを心配します。

洋貴からツラいことを言われ、その場を離れようとするつぐみは転げてしまいます。

手を差し伸べた洋貴に「優しくしないで。ほっといて」とつぐみは言いますが、洋貴はほっとけずに、つぐみをおんぶして行きます。

その様子を窓から長沢は樹に見せます。

樹は、つぐみの父から「どうしても娘は私の代わりに背負って生きていける人に任せたい」と言われたことを思い出すのでした。

デートの約束

つぐみの足が治ったらデートをしようと電話で約束をする樹。

その様子を樹の母は見ていました。

「この先、川奈より好きになれる人に出会えるとは思えない。でも、川奈が不幸になったらもっと後悔する。あいつには幸せになってほしい」と母に言う樹。

樹はある決意をしてデートの約束をしていたのです。

別れ

そしてつぐみの足が治り、樹とつぐみは久々のデートを楽しみました。

樹は、デートの最後に教会につぐみを連れて行きます。

デートをして「一生の思い出」だと伝える樹。

「川奈といるとすごく楽しい。幸せを感じる。でも、歩ければできたはずのことを想像してしまう。それが悔しい。ホームから落ちた時も助けられたはずなのに」と樹はつぐみに言います。

そしてつぐみに、「大切でかけがえのない人。今までありがとう。俺たちもう終わりにしよう」と別れを告げるのでした。

パーフェクトワールド(パフェ) 5話感想

好きな者同士なのに、別れなければならないのは非常に切ないことです。

つぐみの幸せを考えての別れの決断。樹の気持ちも分かりますが、例え周りから幸せそうに見えなかったとしても、つぐみ自身が樹といて幸せだと感じているなら、別れを選ばなくても良かったのではないかなと感じざるを得ません。

勝手に樹の携帯を触り、つぐみからの着信履歴を消したり、つぐみが洋貴におんぶしてもらう姿を樹に見させたりと、長沢がだんだん嫌な女になっているなと感じます。

次回の予告が『別々の道に進む二人』という事で、つぐみも別れを了承してしまうのだと思うと残念ですが、今後の展開がどのようになるのか気になります。

パーフェクトワールド(パフェ) 今回(5話)のポイント

  • 線路に転落したつぐみは、命に別状はなく頭部の軽傷と左足の関節の骨折で済んだ
  • つぐみは残業していたのではなく、介護セミナーに参加していたのだと、樹は知った
  • 樹はつぐみの父から、つぐみと別れて欲しいと頭を下げられる
  • つぐみは実家の松本で療養することになり、樹は転院の前につぐみを見送りに行こうとする
  • 樹は体に異変が起き、急遽入院したため見送りに行くことは出来なかった
  • 樹は検査の結果、合併症ではなくストレスでの不調だった
  • つぐみは長沢に樹が好きだと告げられる
  • 足が治ったつぐみは樹とデートをするも、つぐみとの別れを樹が切り出した

パーフェクトワールド(パフェ) 次回(6話)の見どころ

  • 別々の道に進むふたり
  • 急展開する一途な想い
  • 樹に積年の想いを告げる葵
  • つぐみに急接近する洋貴
  • 激動する運命の行く末は?

今回、苦渋の選択で樹はつぐみと別れる事を決意しつぐみに伝えました。

次回は、葵が樹に想いを伝えるなど、新展開があるので今後の話がどう動いていくか楽しみです。

パーフェクトワールド(パフェ) 5話を見逃した方や、もう一度見たい方は公式HPより視聴することが可能です。
>>フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】

関連記事