パーフェクトワールド

パーフェクトワールド8話あらすじ・感想・ネタバレ【パフェ】

ドラマ『パーフェクトワールド(パフェ)』は、FODで無料見逃し配信動画を行っています。

見逃した方や、もう一度見たい方は公式HPより視聴することが可能です。
>>フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】

パーフェクトワールド(パフェ) 8話あらすじ

樹を探しに行くつぐみ

地鎮祭当日の朝、松本で地震が起きます。

地震の時に実家にいた川奈つぐみ(山本美月)は机の下で身を守ります。

つぐみの家族は全員無事だったものの、ニュースで流れた震度に驚き、すぐに鮎川樹(松坂桃李)に連絡をしますが、樹と電話が繋がりません。

つぐみは樹を心配し、両親が止めるのも聞かずに家から飛び出します。

樹の実家に行きますが樹はおらず、建設予定地や地鎮祭の場所へ行きますが、樹は見つかりません

山奥にある別荘を管理している会社に、樹の居場所を知らないか聞きに行くつぐみ。

別荘は地鎮祭の後に一緒に行くはずだった場所で、地震の震源地は別荘のある村でした。

そして、別荘の担当者からつぐみはある情報を聞くのでした。

地震に遭った樹

樹は別荘に一人で来ていました。

つぐみをこれ以上連れまわすのは洋貴に悪いと思い、地鎮祭当日の朝、樹は一人で別荘を見に来たのです。

そして樹は別荘で地震に遭い、木材の下敷きになって意識を失ってしまうのでした

洋貴と葵

ニュースで地震を知った是枝洋貴(瀬戸康史)は、急いで松本にいるつぐみの元へ向かいます。

樹を心配する長沢葵(中村ゆり)を車に乗せ、一緒に松本へ向かいますが、車が渋滞に巻き込まれ思うように動けないのでした。

別荘へ向かうつぐみ

別荘の担当者の話で、つぐみは樹が前日に別荘の鍵を借りに来たことを知ります。

もしかしたら別荘に樹がいるのかもしれないと、急ぎタクシーで向かいますが、土砂崩れで渋滞が起き動けなくなります。

つぐみは葵に電話をし、樹が下崎村の別荘にいる可能性を伝えます。

地震発生から約3時間が経ち、樹はこのままずっと排尿ができなければ尿毒症になる可能性があり、限界以上に毒が溜まってしまうと、昏睡状態に陥り、最悪の場合死んでしまう可能性があることをつぐみは葵から聞きます。

居ても立っても居られないつぐみはタクシーから降り、走って向かうのでした。

走馬灯

木材の下敷きになり意識を失っていた樹は、意識を取り戻します。

手で木材をどけようとしますが、重い木材を持ち上げることができず、体を動かすことができません。

必死にもがくも全く動かず、死を覚悟した樹の頭に走馬灯のように次々とつぐみの顔が浮かんでいました

樹を助け出すつぐみ

山道を歩き別荘に辿り着いたつぐみは、樹の車を見つけます。

別荘の中へ入ったつぐみは、木材の下敷きになっている樹を発見し、木材をどかして樹を助け出します。

つぐみが助けに来たことにより樹は排尿することができ、腕は怪我したものの、助かることができました。

つぐみは、樹が一人で山にある別荘に行った事を怒ります。

もしもの事があったらと心配していたつぐみは、樹が無事で安堵し泣き出してしまいます

樹はつぐみを抱き締め、つぐみに感謝の気持ちを伝えるのでした。

つぐみも樹を抱きしめ返しましたが、ハッとして離れ、葵に樹の無事を伝え救助に連絡をしました。

洋貴の気持ち

洋貴は葵から、「二人が元サヤに戻らないか不安じゃないの?」と聞かれ、「鮎川を想って描いた絵を捨てたのは、鮎川への気持ちを立ちきろうとしたのだと思う。その気持ちを信じるしかない」と葵に話します。

結婚式の打ち合わせをしていても、心ここにあらずのつぐみを見て不安に感じつつも、つぐみを信じる洋貴でした。

避難所

避難所に布団が無く、横になれない樹は、ボランティアの人の車を使わせてもらう事になります。

トランプなどをして過ごし、樹とつぐみは楽しく笑い合います。

「川奈。助けに来てくれてありがとう。川奈の笑った顔がまた見れて良かった」と樹はつぐみに言います。

樹が眠った後、自由に使っても良いと言われていたスケッチブックに、つぐみはある絵を描くのでした。

到着した洋貴と葵

翌日、朝御飯のおにぎりを貰っていた時に洋貴たちが着きます。

洋貴はつぐみに気づき、駆けつけます。

葵も樹に気がつき、駆けつけます。

樹は横になる為に借りた車で夜を過ごし、つぐみ自身は避難所で仮眠したと、洋貴と葵に話します。

つぐみを送って行こうとした時に、上着を避難所に忘れたことに気が付き取りに行った洋貴は、ボランティアの人につぐみに渡して欲しいと、スケッチブックの絵を渡されました。

そこには樹の寝顔が描かれていたのです。

担当を変えた樹

松本のバリアフリーの件を、同僚の沢田に任せたいと樹は言い出します。

そして、仕事に対し以前よりも素直に自分の気持ちを伝える樹に、何かあったのかと代表の渡辺剛(木村祐一)は聞きます。

「10年前事故に遭った時は、もう生きたくないと思った。でもこの前地震が起きたときは死にたくないと思った。地震がきっかけで迷いが無くなった」と樹は渡辺に言います。

そして樹は、松本の件で担当を変える事を、つぐみに電話で伝えるのでした。

しおりと晴人

松本の案件を手伝いたかった晴人は、手伝わせてもらえない不満をしおりに言います。

すると、「要は資格取ってからってことでしょ?つべこべ言わずに頑張る!」としおりに活を入れられます。

「じゃぁ、アメちょうだい。しおりちゃんムチばっかり。たまにはアメちゃんくれたら頑張れるのになー」と晴人が言うと、「分かった。考えとく」としおりは言います。

予想外のしおりの返事に喜んだ晴人は、帰って勉強すると言い、急いで帰るのでした。

後悔

地鎮祭が終わり、樹とつぐみは最後の挨拶をします。

そして、樹は東京へ、つぐみは高木のパーティーへ向かいます。

雪村美姫(水沢エレナ)とパーティーに参加していたつぐみは、高木夫妻を見ていて自分の選択が間違いだったと言います。

「何かするのに遅いってことはある?」と美姫に言われ、高木の将来への力強いスピーチに背中を押され、つぐみは樹の元へ向かいます

丁度その頃、樹も沢田に車を止めてもらい、タクシーで引き返します。

そして、つぐみと樹は再び会います。

どうしても川奈に言わなきゃならないことがある

私も鮎川くんに言わなきゃならないことがある

とお互い言い、樹は後悔しているとつぐみに伝えるのでした。

パーフェクトワールド(パフェ) 8話感想

結婚式の打ち合わせをしていても、心ここにあらずの状態のつぐみを見ていて、洋貴はつぐみの気持ちに気づきつつも、気づかないようにしているのが見ていて辛かったです。

洋貴が良い人の分、傷つく洋貴を見ていると切ないです。

せっかくしおりも晴人と少し進展がありそうな状況になってきたのに、また2人によってかき回されるかと思うと複雑ですが、樹とつぐみには周りに反対されたとしても、後悔の無い選択をしてほしいと思いました。

パーフェクトワールド(パフェ) 今回(8話)のポイント

  • 地震で樹は木材の下敷きになり、死を覚悟した
  • つぐみは連絡の取れない樹を心配し、思い当たる所は全て行き、樹を探した
  • 洋貴は葵と合流し、樹を探しに松本へ向かった
  • 樹が山の別荘に行った可能性があることを知ったつぐみは、別荘に向かい、別荘で樹を発見し助けることができた
  • 樹は死の恐怖から助かった安堵と、つぐみへの想いが抑えきれず、つぐみを抱きしめ感謝を伝える
  • 避難所には布団が無く、ボランティアの車で樹とつぐみは一晩過ごした
  • つぐみは自由に使っても良いと言われていたスケッチブックに、樹の寝顔を描いた
  • 翌朝洋貴と葵が避難所へ到着し、無事を喜んだが、洋貴はスケッチブックの絵を見てしまい、顔を曇らせてしまう
  • つぐみへの気持ちを断ち切ろうと、樹は松本の件の担当を沢田に変えた
  • 地鎮祭の日がつぐみと樹が会う最後の日となり、お互い別れの挨拶をしたが、お互い言いたいことがあり、2人は再び出会った

パーフェクトワールド(パフェ) 次回(9話)の見どころ

  • 正直に生きていきたい。決意が巻き起こす衝撃の波紋
  • それぞれの想いとぶつかり合う気持ち
  • 純愛を貫く覚悟と代償

今回は地震により命の危機や命のありがたみを感じるとともに、後悔の無い人生を送りたいと言う思いが、樹とつぐみの心を動かす話でした。

自分の気持ちに正直に生きようとする2人にどのような展開が待っているのか気になります。

パーフェクトワールド(パフェ) 8話を見逃した方や、もう一度見たい方は公式HPより視聴することが可能です。
>>フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】

関連記事