パーフェクトワールド

【動画】パーフェクトワールド(パフェ)4話あらすじ・感想・ネタバレ【つぐみが線路に転落】

ドラマ『パーフェクトワールド(パフェ)』は、FODで無料見逃し配信動画を行っています。

見逃した方や、もう一度見たい方は公式HPより視聴することが可能です。
>>フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】

パーフェクトワールド(パフェ) 4話あらすじ

幻肢痛

鮎川樹(松坂桃李)は幻肢痛に悩まされていました。

幻肢痛とは、脳が錯覚して感覚の無い足が痛む症状のことです。

樹は幻肢痛を感じ、薬が無いと痛みで寝られない状態でした。

渡辺晴人(松村北斗)は幻肢痛について、「痛み止めが効かないから耐えるしかない」と言います。

樹の会社の代表・渡辺剛(木村祐一)と会った川奈つぐみ(山本美月)は、「その後、樹の幻肢痛はどうか」と聞かれますが、幻肢痛の事をつぐみは知りませんでした。

つぐみに心配させまいと幻肢痛の事を言わなかった樹。

つぐみは何でも言って欲しいと思っていたのですが、お互いを思うあまり気持ちがすれ違ってしまうのでした。

階段から落ちた晴人

晴人は仕事で外出中に、階段から落ちて義足の方の足を痛めてしまいます。

義足が他人に見られてしまう事が嫌で隠してきた晴人ですが、しばらく義足無しで生活することになるのですが、松葉杖だけでなく片足が無い状態の為、目立ってしまうのでした。

レンタル彼女

晴人は足が痛いまま、無理やり義足を付けて、再度レンタル彼女を利用ししおり(つぐみの妹)と会いました。

もう指名されないと思っていたしおりは、晴人からの指名に驚きます。

「はっきり言う子の方が付き合いやすい」と晴人は言います。

平気なフリをしながら、足が痛いのを我慢して歩く晴人でした。

別の日、しおりを見かけるも、しおりはレンタル彼女で他の人とデートします。

しおりの肩に手を回す男の様子が気になって、後をつける晴人。

カラオケデート中に男はしおりを襲います。

晴人はカラオケルームに入り、事務所の者だと嘘をついてしおりを助けます。

「レンタル彼女をやめた方がいい」と言う晴人に、「辞めたら連絡先知らないから会えない」としおりは言います。

「二人が運命だったらまた会える」と晴人は言いますが「一緒にいて楽しいけど、あなたとは付き合えない」としおりは答えます。

そして晴人の頬にキスをして、しおりは帰るのでした。

心配する洋貴

樹が食事に誘うも、妹と行く約束があると嘘をついて、つぐみは介護資格セミナーへ行ってしまいます。

是枝洋貴(瀬戸康史)はつぐみが心配になり、セミナー会場へつぐみを迎えに行きます。

会場から出てきたつぐみは、疲労でしゃがみこんでしまいます。

心配して駆けつけた洋貴は、「鮎川より俺の方が絶対幸せにできる」と言いますが、「鮎川くんに幸せにして欲しいんじゃなくて、私が彼を幸せにしたい。もう二度と恋はしないと言っていた鮎川くんが、もう一度誰かと付き合ってみようって思ったのは、簡単な事じゃないと思う。その思いに答えたい」とつぐみは答えるのでした。

長沢の気持ち

樹のマンションに向かったつぐみは、樹のマンションの前で樹のヘルパー・長沢葵(中村ゆり)と会います。

つぐみと話している時に、「同じマンションに空きがあったら越してこようかな」と長沢は言います。

「ご主人はいいんですか?」と言うつぐみに対し、「残念ながら今は一人」と答える長沢。

「自分の人生を犠牲にしてでも、彼を助けたいと思っている。彼は恋愛感情だけで付き合える人じゃない。彼が望む幸せをあなたが与えられるとも思えない。このポジションをあなたに譲る気はない」と長沢はつぐみに伝えるのでした。

この事がつぐみを更に追い込んでしまうのです。

晴人の辛さ

晴人は代表の渡辺に、建築士の試験を受けないと言い出します。

「障害を言い訳にするな。鮎川は一生懸命努力したからここにいる」と言う渡辺に「綺麗事ばっかり。いっくんの事だって障害者枠で雇ってるだけだろ」と晴人は言います。

「お前にそういうコンプレックスを持って欲しくなくてこの会社を作った。障害を乗り越えて胸張って生きて欲しかった」と言う渡辺に、「障害乗り越えるとか受け入れるとか無理なんだって。そんなの何年かかったってできる事じゃない。みんな平気じゃないけど平気なフリして生きてるだけ」と晴人は言います。

晴人に対し樹は、「晴人の言う通り。好きでこんなものに乗ってる訳じゃない。障害を負ったから学べた事はある。でも障害者で良かったなんて思った事は一度もない」と晴人の気持ちを理解します。

「俺はこの仕事が本当に楽しい。同じハンディキャップの人の役に立てた時は、やってて良かったと心底思った。健常者へのコンプレックスは一生捨てられない。でも、俺たちだからできることがある。たった1つでも役に立っている事があるってお前にも実感して欲しい。ただ1つでも誰かの役に立ってるって思えるものがあれば、毎日は腐らず生きていけるんじゃないか?そのための努力はするべきじゃないのか?」と言う樹。

「鮎川は障害者だから雇ったわけじゃない。鮎川の実力で選んだ」と渡辺は言います。

晴人は樹と渡辺の言葉を聞き、樹に謝るのでした。

線路へ転落

電車に乗る為、ホームに並ぶつぐみと樹。

ボーっとしているつぐみを見て樹は心配します。

「駅員が来るのが遅いので聞いてくる」と言い、つぐみは歩き始めます。

その時立ちくらみがして立ち止まったつぐみに、男性がぶつかります。

その弾みで、つぐみは電車が迫って来ている線路の方に体のバランスを崩してしまいます。

樹はつぐみを助けようと手を伸ばすも届かず、つぐみは線路に落ちてしまうのでした

パーフェクトワールド(パフェ) 4話感想

パーフェクトワールド4話では、晴人の辛さがすごく伝わってきました。

いつも明るい晴人だからこそ、「平気じゃないけど平気なフリして生きてるだけだ」という言葉に、言葉では表せられない気持ちになってしまいます。

樹の「障害者で良かったなんて思った事は一度もない」と言う言葉にもとても重みがありました。

つぐみが線路に落ちても助ける事ができなかった樹の気持ちを思うと、とても辛いです。

今後の展開が気になります。

パーフェクトワールド(パフェ) 今回(4話)のポイント

  • 樹は幻肢痛に悩まされていた
  • 晴人は仕事で外出中に、階段を踏み外して転落し義足側の足を痛めてしまう
  • 晴人は再びレンタル彼女でしおりと会い、振られる
  • 晴人は障害を乗り越えるのは無理だと、つらさを渡辺や樹に吐き出す
  • つぐみは樹に秘密で仕事終わりに介護資格セミナーに通っていた
  • つぐみは疲労が溜まっていて、職場から帰る際、駅のホームで男性とぶつかり線路に落ちてしまう

パーフェクトワールド(パフェ) 次回(5話)の見どころ

  • 「どう責任を取るんだ!つぐみと別れてくれ」とつぐみの父に頭を下げられる樹
  • 「付き合うことでお互いを不幸にしてるんじゃないのか?」と言う洋貴
  • 「つぐみと付き合ってていいのか分からなくなった」と言う樹
  • 迫られる厳しい決断に樹が選ぶ未来とは?

4話は、晴人がメインの話でした。

つぐみと樹がお互いを思いやるあまり、すれ違ってしまう部分もありました。

線路に落ちてしまったつぐみの容体が気になります。

5話では、迫られる厳しい決断に対して、樹が選ぶ未来についても見逃せません。

パーフェクトワールド(パフェ) 4話を見逃した方や、もう一度見たい方は公式HPより視聴することが可能です。
>>フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】