インハンド

【山P主演】インハンド8話あらすじ・感想※ネタバレ注意!!【要約】

インハンド8話

インハンド8話無料動画

インハンドはParaviというVODサービスで無料で視聴することができます。

インハンド8話あらすじ

呪いの血のポスター

ある日、キガシマホールディングスのポスターに、血の色に似た赤い塗料の様な物が塗られます。

そのポスターをデザインしたのは、キガシマホールディングス会長・園川務(柄本明)の息子で、後継者と噂されていた園川直継(夙川アトム)でした。

ポスターが血の様な物で赤く染まる直前に、直継は飛び降り自殺をしたため、『呪いの血のポスター』とSNSで話題になったのです。

『呪いの血のポスター』が気になった、寄生虫学者で内閣官房サイエンスメディカル対策室のアドバイザーの紐倉哲(山下智久)は、助手・高家春馬(濱田岳)を連れて『呪いの血のポスター』の赤い物質を採取しに行きます。

そして調べた結果、紐倉の予想通り赤い物質は、セラチア菌(セラチア・マルセッセンスという腸内細菌)だという事が分かります。

サイエンスメディカル対策室の牧野巴(菜々緒)は、室長・網野肇(光石研)に『呪いの血のポスター』の事を調べたいと申し出ますが、室長は厄介事にならないよう、調査を認めませんでした。

そこで、紐倉、高家、牧野の3人は勝手に調査を始めるのでした。

ライバルの出現

厚生労働省の医政局長・瀬川幹夫(利重剛)は、サイエンスメディカル対策室の3人が、直継の件で調査をしている事を知ると、「経済産業省が調査担当だから、サイエンスメディカル対策室は調査をするな」と室長を注意します。

大学時代の同期である経済産業省の局長・丸山にも室長は暴言を吐かれ、悔しい思いをした室長は「経済産業省の奴らには手柄を渡すな」と、反対していたはずの調査を続けるように、牧野たちに指示します

経済産業省には、紐倉の大学時代の同期で、ヒトゲノム解析プロジェクト顧問で、経済産業省のアドバイザー・遠藤匡晃(要潤)がいました。

遠藤は学生時代から何かと紐倉をライバル視しており、紐倉たちの調査を妨害してきました。

経済産業省の妨害を気にも留めず、紐倉たちは調査を続けるのでした。

バイオテロの可能性

経済産業省に妨害され、園川会長とのアポがキャンセルになるなど、なかなか園川会長と直接話ができない紐倉たちは、園川会長が移動で車に乗るタイミングを見計らって押しかけます。

社員に止められた紐倉は、「あんたがバイオテロの標的になる可能性は?ポスターの赤い色はセラチア菌によるもの。ボツリヌス菌や炭疽菌が巻かれたら、このビルのたくさんの人が死ぬことになる」と園川会長に言います。

「あの赤い髪なら誰かのいたずらだ」と園川会長は言い、車に乗って去ります。

園川会長が赤い血ではなく『赤い髪』と言った事に、紐倉は疑問を感じるのでした。

赤い髪

直継は普段、髪を黒く染めていて、染める前の直継の髪の色は赤毛でした。

赤毛の人は、メラノコルチン1受容体MC1R遺伝子を持っていて、痛みに弱く感受性が高いので、感受性が重要になる分野などで才能を発揮すると言われています。

直継もアーティストとして才能を発揮していました。

ファウンダー・リサーチ

紐倉は直継の家でファウンダー・リサーチの封筒を見つけました。
ファウンダーは創始者効果のことで、孤立した小さな集団で近親婚が繰り返されると、遺伝的多様性が失われ、ある特定の創始者(ファウンダー)の遺伝子が広がることがあります。

遠藤に、「園川家の遺伝について調べていたんじゃないのか?」と紐倉は聞きます。

園川家にはある伝説があったのです

鬼の血伝説

紐倉と高家は務の出生地を知ると、昭栄文化大学の民俗学教授・国枝真治上之宝島の鬼伝説の話を聞きに行きます。
上之宝島の鬼の血伝説は、

  • 鬼が島に流れ着き、男を殺して女を手込めにした
  • 島民たちは何とか鬼を殺しましたが、それ以降島には鬼子が生まれてきた
  • 上之宝島の鬼は他のところの鬼とは違い、髪は赤く肌は白い

というものでした。

国枝教授は、鬼は室町時代に流れ着いた外国人で、鬼子はその子孫だと考えていました。

そして国枝教授と話したことで、もう一人、上之宝島について聞きに来た人がいるという事を紐倉は知るのでした。

バイオアート展

直継が、バイオテクノロジーを取り入れた作品を作りたいと、バイオアート展を開いていました。

その作品の中にはセラチア菌の作品もありました。

バイオアート展関係者に話を聞きに行った牧野は、直継が最近知り合い意気投合した人物に、ヒトゲノム解析の会社を立ち上げると言っていた人物がいる事を知ります。

そして、直継はずいぶんその会社に出資したというのです。

直継の自殺の原因

直継からファウンダー・リサーチ(園川家の鬼の血伝説についての調査)を依頼された遠藤は、調査を進める内にいくつかの事実に辿り着きます。

キガシマホールディングスの『キガシマ』は『鬼が島』が由来でした。

直継の父親は婿養子だったため、園川家の血を引き継いでいない事を直継は祈っていましたが、直継の遺伝子を調べたところ、祖父(園川家直系)の遺伝子と100%一致していることを直継は知ります。

小さな頃から、『お前には鬼の血が流れているから気を付けろ』と父親から言われ、酒も飲まずに気を付けていた直継は、100%鬼の血と一致しているという事実を悲観し、命を絶ってしまうのでした。

直継の子

以前直継と交際していた女性が、直継の子どもを生んでいるという事実を遠藤は知ります。

直継の子の事が世間に知られないように、遠藤は紐倉たちの調査を妨害していましたが、紐倉もその事実に辿り付きます。

直継の子どもの髪の毛も赤毛でした。

その女性は、子どもを作らないと言っていた直継には子どもの事を知らせず、1人で子どもを育てていたのです。

ポスターのセラチア菌

直継が製作したポスターにセラチア菌を塗ったのは遠藤でした。

直継の様な悲劇を繰り返して欲しくない気持ちを園川会長に伝えたかったのです。

その回りくどさに驚く紐倉と高家でした。

インハンド8話感想

鬼だと思っている義理の父に、見た目が似ているからと、「お前には鬼の血が流れているから気を付けろ」と子どもに言ってきた務ですが、誰でもそのようなことを小さな頃から言われ続けると、自分には良くない血が流れていると思い込んでしまうのではないでしょうか。

性格は、紐倉も言っていましたが遺伝子だけでなく『遺伝子と環境』が作り出すものだとつくづく感じました。

もし直継が自分の子どもに会えていれば、未来が変わったのかどうかは分かりません。

子どもが鬼の血の事は知らずに、伸び伸び成長し幸せになってくれたら、直継も報われるのではないかなと感じました。

今回(インハンド8話)のポイント

    ・キガシマホールディングスのポスターは、突如赤い血のような物が塗られ、『呪いの血のポスター』と言われていた
    ・『呪いの血のポスター』の赤い物質は、セラチア菌という腸内細菌
    ・キガシマホールディングス会長・園川務の息子は、後継者候補だったが自殺してしまう
    ・務は息子の直継に『鬼の血が流れているから気をつけろ』と言い聞かせていた
    ・直継の自殺は、鬼だと言われている祖父と遺伝子が一致してしまい、自分にも鬼の血が確実に流れていると悲観したのが原因
    ・直継は、自分に子どもがいる事は知らなかった
    ・直継の子どもは、父親と同じ赤毛だったが、鬼の血の事は知らず伸び伸び成長していた
    ・キガシマホールディングスの『キガシマ』は『鬼が島』が由来
    ・『呪いの血のポスター』の赤いセラチア菌は、直継の様な悲劇を園川会長に繰り返して欲しくなくて、遠藤が塗ったものだった

次回(インハンド9話)の見どころ

  • 恩師に命の危機が
  • その裏にある『黒い陰謀』とは?
  • 因縁の病院―悪事を暴けるのか?

今回は鬼の血の話でした。次回は因縁の病院の話で、悪事を暴くことができるのかが気になるところです。

関連記事