インハンド

【山P主演】インハンド3話あらすじ・感想※ネタバレ注意!!【要約】

インハンド3話

インハンド3話無料動画

インハンドはParaviというVODサービスで無料で視聴することができます。

インハンド3話あらすじ

パナシアンビューティー

紐倉哲(山下智久)は、助手の高家春馬(濱田岳)と共に、パナシアンビューティーという美容団体のCEOを務める、瀬見まき子(観月ありさ)の講演を聞きに行きます。

瀬見まき子は、紐倉の大学時代の先生でした。

パナシアンビューティーは、アンチエイジングの治療が有名で、特に不老不死のベニクラゲを使い、人間も不老不死に近づけるというアンチエイジング治療で、上級会員を増やしていました。

ベニクラゲにはテロメラーゼという酵素があり、老いても再度赤ちゃんに戻り成長を繰り返す、不老不死の生物で、人間も若返り、最終的には不老不死に到達すると謳っていたのです。

しかし、治療を受けた上級会員の内、4人に認知症に似た症状が現れ、亡くなった人も出てきたのです。

調査依頼

パナシアンビューティーの治療を受けた、上級会員の副作用を問題視した牧野巴(菜々緒)は、サイエンスメディカル対策室の室長・網野肇(光石研)にパナシアンビューティーを調べさせて欲しいと願い出ます。

最初は仕事を増やすなと渋っていた網野ですが、牧野の勢いに負け、パナシアンビューティーの調査を許可します。

そして、牧野は紐倉の元を訪れ、パナシアンビューティーの調査に協力して欲しいとお願いをします。

高家も、軽々しく体型維持の為に代理出産を推奨するような、パナシアンビューティーを許せず、一緒にパナシアンビューティーの調査に協力して欲しいと紐倉に頼みます。

最初は渋っていた紐倉ですが、まき子の事も気になり協力する事にしたのです。

潜入調査のための下準備

パナシアンビューティーが行っている施術情報や、上級会員のカルテなどを探す為、紐倉はパナシアンビューティーへの潜入調査を考えます。

まずはCEOのまき子と会うために、紐倉はホルモンを題材にした論文を、高家の協力もあり一晩で書き上げます。

これには牧野も、性格は最低だけど天才だと紐倉の能力に驚きます。

そしてまき子に論文を送ると、論文に興味を持ったまき子から連絡が入り、紐倉と高家はまき子に会えることになったのです。

潜入調査

紐倉と高家は、パナシアンビューティーを潜入調査するため、まき子の元を訪れます。

高家が博士として、大学時代にまき子と顔見知りである紐倉は、変装して助手という設定で臨みました。

高家がまき子と話をしている間に、紐倉はまき子の部屋に忍び込みます。

紐倉がまき子の部屋で調査に役立つ情報を探している時に、パナシアンビューティーの副社長が窓越しに高家の姿を見かけます。

講演会の日に、上級会員しか入れないラウンジに勝手に2人が入り込んでいたため、副社長は2人が何かを企んでいると考え、紐倉がどこかにいるかもしれないと探し始めます。

そしてこの後、2人に予想外の出来事が起こるのです。

拉致された高家

紐倉が上級会員の治療データを見つけた時に、副社長がまき子の部屋に入ってきます

隠れていたものの逃げきれないと思った紐倉は、上級会員の治療データを持ったまま部屋を飛び出し、すぐに高家に逃げろとメッセージを送ります。

しかし、高家がメッセージに気づいていない間に、副社長がまき子に電話で知らせ、他のスーツの男達も出口を塞ぎ、メッセージに高家が気づいた時には逃げられなくなっていました。

そして高家は、目隠しと猿ぐつわをされ、どこかに連れ去られてしまったのです。

ウェルナー症候群

まき子には優秀な助手の妹・みき子がいました。

まき子とみき子は、2人で不老不死であるベニクラゲを熱心に研究していました。

それは、みき子がウェルナー症候群だったからです。

ウェルナー症候群とは、通常の人よりも早く老いてしまう「早老症」の1つです。

思春期までは比較的正常に成長するのですが、20代から白髪や脱毛など症状が進んでいき、若くして老人の様になり、動脈硬化や悪性疾患などを発症し亡くなってしまいます。

みき子の病気を治すために、2人はベニクラゲを研究し、不老不死をも実現させようとしたのです。

高家の命の危機

パナシアンビューティーの上級会員専用の施術室へ連れ込まれた高家は、施術台に拘束されてしまいます。

施術室にはたくさんの輸血パックがありました。アンチエイジングと謳われていた施術の実態は、違法な美容目的の輸血だったのです。

高家は「お前らのやっている事は弱者からの搾取だ!」と叫びますが為す術もなく、まき子から血を抜き取られてしまいます。2リットルも血を取られ、高家は意識が朦朧とし始めるのでした。

紐倉の登場

紐倉は、サイエンスメディカル対策室がパナシアンビューティーの件でマークしていたアロハシャツの男・小林の元を訪れます。

小林は国際的な人体ブローカーで、パナシアンビューティーの輸血を請け負っていたのです。

紐倉は、サイエンスメディカル対策室から目をつけられていることを小林にリークし、その代わりに小林からパナシアンビューティーの施術現場の情報を入手したのです。

現場に到着した紐倉は、火事の騒動を起こし、高家を助けに行きます。

次の1パック分の血を取ると高家は死んでしまうという状況で、まき子が開始のボタンを押そうとしたその時、紐倉が施術室へ入ってきます。

間一髪のところで高家は助かったのです。

クロイツフェルト・ヤコブ病

まき子は、クロイツフェルト・ヤコブ病にかかっていました。

クロイツフェルト・ヤコブ病は、認知症などの症状がみられ、発症すると急速に進行し、やがて亡くなってしまう病気です。

パナシアンビューティーは、以前小林から輸血パックを仕入れていて、海外からの輸血パックの中にクロイツフェルト・ヤコブ病の血も混じっていて発症してしまったのです。

自分の妹が目の前で老いて亡くなった事や、自分自身の病気により、まき子は死を恐れ「不老不死」に取り惹かれていたのです。

そして、施術をした上級会員もまき子と同じクロイツフェルト・ヤコブ病になっていたのでした。

妹・みき子が望んでいた事

紐倉は、生前みき子が望んでいた事をまき子に伝えます。

みき子の望んでいた事は、老いていく自分の事を忘れて欲しいという事だったのです。

僕たちは失ったものを受け入れて生きて行くしかない」と紐倉はまき子に伝えるのでした。

インハンド3話感想

初めて聞く病名でしたがドラマで分かりやすく解説してくれました。

美容は永遠に追及してしまうテーマなのかもしれませんが、追求するあまり危険性を無視し、安易に輸血で体内に取り込んでしまうのは非常に怖いことです。
安易な判断は命取りだなと強く感じました。

ドラマの最後の方で、紐倉がアメリカのCDCをクビになったのは、アメリカ陸軍と揉めたからだと少し出てきましたが、何故アメリカ陸軍と揉めてしまったのかが気になります。

今回(インハンド3話)のポイント

  • 「不老不死」を謳っている美容団体・パナシアンビューティーのCEOは、紐倉の大学時代の先生・瀬見まき子だった
  • まき子には優秀な助手の妹・みき子がいたが、若くして老いていくウェルナー症候群という病気になっていた
  • みき子の病気を治す為、まき子とみき子は不老不死であるベニクラゲに注目し、研究をしていた
  • 不老不死の研究は間に合わず、みき子は亡くなった
  • 紐倉と高家はパナシアンビューティーの潜入調査をするものの、高家は逃げ遅れ拉致されてしまう
  • 高家は上級会員専用の施術室へ連れていかれ、輸血用の血を体から取られてしまう
  • パナシアンビューティーの上級会員は、アンチエイジング治療を受けたあと、認知症の様な症状を発症していた
  • まき子や上級会員がなっていた認知症の症状は、クロイツフェルト・ヤコブ病によるもので、ずさんな管理の輸血により発症していた
  • 紐倉が駆け付け、ギリギリのところで高家は助かった

次回(インハンド4話)の見どころ

  • 自殺させる病原体とは?
  • 製薬会社に潜入捜査での大波乱
  • 追い詰められた天才科学者
関連記事