インハンド

【山P主演】インハンド7話あらすじ・感想※ネタバレ注意!!【要約】

インハンド7話

インハンド7話無料動画

インハンドはParaviというVODサービスで無料で視聴することができます。

インハンド7話あらすじ

腸内細菌

砂場で助手・高家春馬(濱田岳) と共に猫のフンを探す紐倉哲(山下智久)。

便は腸内細菌の宝庫で、腸内細菌を調べることで生活環境、健康状態、病気の有無などその生物の全ての情報が分かると、紐倉は腸内細菌の魅力を高家に語るのでした。

PIDを発症した牧野の娘

牧野巴(菜々緒)の娘・橘美香(吉澤梨里花)は、生まれつき免疫に欠陥があるPID(原発性免疫不全症候群)という難病を発症していました。

PIDは免疫力が低いため、ちょっとした病気にかかっても重症化しやすい病気で、美香の場合は消化器の症状のみの特殊なものでした。

PIDの有効な治療方法は骨髄移植でしたが、ドナー提供者は見つかっておらず、牧野とも一致しませんでした。

牧野の夫・賢一

牧野の夫・賢一(永岡卓也)の家系でPIDを発症した人もいたため、将来自分の娘・美香がPIDを発症してしまう可能性も考え、賢一はPIDの研究をしていました。

PIDは親から子へ伝わる遺伝性の病気で、賢一はPID遺伝子を持っていたものの、発症はしていませんでした。

PID遺伝子を持っているのに、何故自分は発症しないのか疑問に思い、賢一は自分の体の中に何か秘密があるのではと、PIDの研究に励んでいたのです。

そして、将来何か娘の役に立てるのではと、自分の爪や髪、精液や体液など、賢一の体の情報全てを保存し遺しました。

賢一の体の情報を遺して間もなく、過労により交通事故に遭った賢一は、亡くなってしまうのでした。

PIDの治療法を探す

研究分野は違うものの、PIDの治療法を見つけてくれないか?と牧野にお願いされ、できる限りの事はすると了承する紐倉。

賢一が研究していた橘研究所へ向かい、橘将之(おかやまはじめ)に話を聞きます。

橘研究所はベンチャー企業から研究費を打ち切られ、PIDの研究を続けられなくなっていたため、紐倉の元上司・福山の会社のフューチャージーンへ行き、PIDの研究のために力を貸して欲しいと紐倉は福山にお願いします。

しかし、「何かエビデンス(効果がある事を示す検証結果や臨床結果)を出せ」と福山に言われてしまいます。

美香のためにも、福山を納得させられるだけの結果を示すためにも、全ての橘研究所の論文を紐倉研究所へ送ってもらい、紐倉と高家は膨大な論文から、PIDの治療方法の手がかりを探すのでした。

救世主兄弟

紐倉は牧野に「お前、娘を救うために新たに子どもを作るつもりだろ?」と聞きます。

救世主兄弟は、一つの生命を救うために一つの生命を作り出すというもので、紐倉は救世主兄弟が苦手だと言います。

欧米では数百人の救世主兄弟が作られていて、牧野も少しでも娘を助けられる可能性があるのならばと救世主兄弟を試みます。

骨髄移植を成功させるには、HLA型(白血球の型)が100%一致している兄弟でなければ、救世主兄弟にはなれず、体外受精で複数の受精卵を作ったとしても、HLA型が一致する可能性は低いものでした。

「生まれてきた子は、美香のドナーとして生きていくのか?子どもが出生の事を知りたがったら?」と、高家は救世主兄弟で生まれてくる子どもの事を心配します。

高家の考えは十分分かるものの、娘の為にできる事があるならやらずにはいられない母・牧野でした。

美香の容態が悪化

美香の検査結果が思わしくなく、免疫力が下がってしまいます。

間に合わないのではないかと焦る牧野。

紐倉も必死にPIDの治療法を探しますが、良い結果に至るものを見つけ出せずにいました。

そんな中、美香の容態が悪化し意識が戻らなくなります。

最後の望みである救世主兄弟に賭けましたが、受精に成功しませんでした。

また振り出しに戻ってしまった牧野は、「美香には時間がない」と焦るのでした。

糞便移植

人の腸内では、無数の細菌が絶妙なバランスで共生関係を保っています。

そのバランスが崩れると、様々な病気を引き起こしてしまいます。

そのバランスを元に戻すために、健康な人の腸内細菌を別の患者に移植する事を糞便移植と言います。

この糞便移植を提案しに、紐倉と高家は美香の主治医の元へ行きます。

通常のPIDは糞便移植では治らないが、美香は消化器に限定された特殊なPIDなので、やってみる価値はあるという判断になります。

美香に移植するのは、娘の為に遺されていた賢一の便でした。

回復した美香

「腸内細菌の組み合わせは千差万別。腸内細菌は誰のものでもよいわけではない。美香の父親・賢一の物だから効果がある」と紐倉は牧野に言います。

そして紐倉は、「小さな生物がお腹の中で喧嘩した。パパのお腹に入っていた生物を美香ちゃんの中に入れて仲直りしてもらった」と美香に説明したのでした。

フューチャージーンの福山

フューチャージーンの福山について、内々に探ってほしいと牧野は室長・網野(光石研)に頼まれます。

国内外の優秀な科学者が相次いでフューチャージーンに引き抜かれていて、何かを企んでいるのではと室長は福山を疑います。

紐倉は美香の糞便移植の件を、フューチャージーンの福山に報告しに行きます。

PIDの研究に今後生かせるかもしれないと、福山は橘研究所への研究費を出す事を決め、共同研究をすると紐倉に伝えます。

そして、福山はまた一緒に仕事をしないかと紐倉を誘い、紐倉は考えておくと返事をするのでした。

インハンド7話感想

自分の娘が将来PIDを発症するかもしれない可能性を考え、髪の毛や爪や体液など、あらゆる自分の体の情報を遺していた父・賢一。

全ての情報を保存していたおかげで、その中に便もあり糞便移植をする事が出来たので、亡くなってからも父は娘を助けることができて良かったです。

自分の研究とは違う病気に対しても全力で取り組み、治療法を見つけることができた紐倉はやはり凄い。

救世主兄弟に関しては、とても複雑でした。
牧野の娘を助けられる可能性が少しでもあるなら、全てやりたいと思う気持ちも分かり、高家の生まれてきた子への思いも分かるので、救世主兄弟はとても難しい選択だと感じました。

今回(インハンド7話)のポイント

  • 牧野の娘・美香は生まれつき免疫に欠陥があるPID(原発性免疫不全症候群)という病気にかかっていた
  • PIDの中でも消化器の症状のみ出ている特殊なものだった
  • PIDの有効な治療方法は骨髄移植でしたが、ドナー提供者は見つかっておらず、牧野も一致しない状態だった
  • 牧野の夫・賢一は事故で亡くなっていた
  • 賢一は、髪や爪、精液や体液など、あらゆる体の情報を残していた
  • 賢一も賢一の父もPIDの研究をしていた
  • 賢一もPID遺伝子を持っていたが、PIDには発症していませんでした。
  • 紐倉は牧野にお願いされ、PIDの治療方法を探す事になった
  • 牧野は体外受精により救世主兄弟という方法(白血球の型が美香と100%同じ型の兄弟を作る)も挑戦していたが、受精しなかった
  • 紐倉は賢一の便を用いた糞便移植を思いつき、美香の主治医へ相談に行った
  • 美香の糞便移植は成功した
  • フューチャージーンの福山の元へ紐倉は結果を報告しに行き、フューチャージーンは橘研究所へ研究費を出し、共同研究をすることになった
  • 福山はまた一緒に研究しないかと紐倉を誘い、紐倉は考えておくと答えた

次回(インハンド8話)の見どころ

  • 死を招く呪いの血のポスターとは?
  • 自殺の原因は鬼の血?
  • 博士に因縁の強敵あらわる
  • 蘇る鬼伝説

今回は、牧野の娘の病気PIDの治療法に関する話でした。次回は紐倉の因縁の強敵も出てくる模様です。

関連記事