ホストクラブ

ホストクラブは本当にイケメンが多いのか?面接採用基準はある?

ホストクラブは本当にイケメンが多いのか?面接採用基準はある?

はじめに

みなさん、ホストクラブと聞いて「ホストといえばイケメンしかいない」「イケメンと出会うならホストクラブ」などといったイメージを持つのではないでしょうか?

そこで今回は、ホストクラブには本当にイケメンが多いのか?面接時に採用基準があるのかについて、解説していきます!

ホストクラブにはイケメンしかいないの?


ホストクラブという所では、女の子がイケメン男子に囲まれて、お酒を嗜むなんてイメージがあると思いますが、実際にそうなのでしょうか?

結論から言えば、店舗によります。

さらに、イケメンは多いですが、全員がイケメンというわけではありません。

実際にイケメンでなくても話が面白かったり、盛り上げるのがうまかったり、ある一定の層に気に入られて、売上を上げるホストも存在します。

また、イケメンが多いため、一般的に見れば確かにかっこいいけど、ホスト業界で言ったら普通、もしくはそれ以下なんて言われてしまう人もいます。

面接での採用基準はあるの?


どの職業にも面接があるように、ホストクラブにも面接は存在します。

しかし、他の職業と違うところは、審査基準ではないでしょうか。

一般的な昼職だと、学歴や経歴といったように、今までの功績や行いについて注目視されますが、ホストクラブでの面接だとどのような審査基準があるのでしょうか?

今回は歌舞伎町と地方のホストクラブ別に審査基準を解説していきます。

ホストの花街”歌舞伎町”の審査基準


ホストといえば、歌舞伎町と言ったように、ホストに通っている女の子からすれば、イケメンが多い歌舞伎町のホストクラブに一度は行ってみたいと思うものです。

そんな歌舞伎町のホストクラブの面接の審査基準は、基本的に、人間性、コミュニケーション力、顔面偏差値の3つで決められます。

ですが、場合によっては、ホストの環境に揉まれながら成長するホストもいるので、一概にそうとはいえませんが、歌舞伎町のホストクラブでは、顔採用があります。

地方のホストクラブの審査基準は?


基本的に、歌舞伎町のホストクラブと基準は一緒です。

人間性、コミュニケーション力、顔面偏差値が上げられます。

しかし、基本的に歌舞伎町と比べ、地方のホストクラブは、人手不足に悩まされている事が多いので、滅多な事がなければ、どんな人でも基本的に採用されます。

ホストクラブはイケメンじゃなくても採用されるの?


基本的に、人と会話ができ、常識があればどんな人でも採用されます。

世間的にはイケメンと言われていない人でも、採用されます。

ですが、先輩ホストや役職ホストの人たちに囲まれて、営業を重ねる毎に、自分の魅せ方や、化粧の仕方などを覚え、入店直後に比べ、垢抜けて、イケメンになることもあります。

努力次第で、可愛いもイケメンも作ることのできる現代。

そんな現代で、常に美意識を持って生活しているホストたちはイケメンである事が多いのです。

面接で採用されるためには?


ほとんどの人が、採用されるからといって、誰でも採用されるわけではありません。

ですので、ここからは、ホストクラブで確実に採用されるためにはどうしたらいいのかを、解説して行きます。

丁寧な言葉遣い!常識をわきまえる


ホストクラブとは、簡単に言えば接客業になります。

最高のサービスと時間を売りにホストクラブは活動しているので最低限、マナーと丁寧な言葉遣いが必要です。

採用面接の段階で、面接をしてくれるホストに対して、丁寧な会話ができない人は落とされる可能性が十分あります。

お客様は、水商売をやっている女性もいれば、企業家の女性まで、様々な女性がホストクラブには、来店します。

売れっ子ホストは、相手を不愉快にさせず、楽しませる丁寧な話し方ができることが大前提です。

ブサイクだから不採用、イケメンだから採用というだけではありません。

最低限のマナーと言葉遣い
には、注意しましょう。

高いコミュニケーションとトーク力!


イケメンだからといって売れるほどホストの世界は、甘くはありません。

言葉巧みに女性の心を掴み、女性を楽しませるトーク力が必要です。

また、笑顔で会話をしたり、静かな口調でも相手の目を見てわかりやすいように伝えるなど、コミュニケーション力が高い人は採用されやすいです。

逆に相手を見下したり、馬鹿にするような言葉、横柄な態度、受け答えが満足にできない人は、落とされる可能性があります。

日頃から、人と接して、コミュニケーション力とトーク力をあげて行きましょう。

まとめ

世間から観たホストクラブは、まだまだ夜の怪しい世界です。

ホストに常識なんていらない、言葉遣いや、服装もテキトーでいいと思う方も多いのですが、そんな甘い世界ではありません。

この業界で、生き残り続ける人間は、礼儀正しさ、トーク力、向上心、どれも一定の水準を超えた一流の人間だけです。

一般常識と清潔感ある身なりも、一般社会に置いて、必要不可欠な事です。

ホストクラブで働きたいと思うのであれば、一般企業だと思って面接に挑むことをおすすめします。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください