ラジエーションハウス

【月9】ラジエーションハウス9話あらすじ・感想※ネタバレ注意【ラジハ】

ラジエーションハウス9話

ラジエーションハウス(ラジハ)9話無料動画

ラジエーションハウス9話は、放送終了後にFODで無料見逃し配信動画を行っています。

見逃した方や、以前の回をもう一度見たい方は公式HPより視聴することが可能です。


>>フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】

ラジエーションハウス(ラジハ)9話あらすじ

杏の容態

病院内で意識を失ってしまい、エスカレーターから転落した甘春杏(本田翼)は、頭部を強打してしまいます。

五十嵐唯織(窪田正孝)は、すぐに杏の元へ駆けつけ杏を運び、辻村駿太郎(鈴木伸之)の指示で頭部CTをします。

その結果異常は見られず、杏は2~3日の経過入院をすることになります。

軽い脳震盪だと鏑木科長(浅野和之)は診断するのでした。

偽装入院

大物政治家・安野将司(中村梅雀)が、検査入院で甘春総合病院に極秘入院することになります。

検査入院ということでしたが、実際には政治資金の問題を起こした安野が身を隠すための偽装入院でした。

のんびりするためにここに来た。検査をするつもりのない」と安野は言います。

駿太郎の父・麗洋医科大学病院の辻村丈介教授(名高達男)は鏑木に、「この件がうまく行ったらあなたにふさわしい病院とポストを紹介する。主治医は辻村医師に」と言うのでした。

杏の肩

杏の肩の関節について、保存的治療で十分だと駿太郎は判断します。

MRIで十分だと言う辻村に、納得のいかない唯織。

「技師が思い付きで物を言わないでいただきたい。患者に対する責任を負っているのは医師。検査したら終わりの技師とは違う」と、駿太郎は唯織に言うのでした。

父にがっかりされたくない駿太郎

安野が甘春総合病院へ到着する時間に、業務を優先し駿太郎は玄関まで迎えに行きませんでした。

その事を辻村教授は咎めます。

「お前を主治医にした意味が分かっていないのか?安野先生との繋がりはお前の将来に必ず役に立つ。こんな病院で終わるつもりはないだろ?がっかりさせないでくれ」と辻村教授は駿太郎に言います。

駿太郎は、大学も二流になってしまい、麗洋医科大学病院の研修も最後まで受けることが出来ずがっかりされていたため、これ以上父親にがっかりされたくないのでした。

唯織とぶつかる駿太郎

「甘春先生の肩を再検査させてください。あの写真だけでは不十分。医師に責任があるように、技師もちゃんとした写真を撮るという責任がある」と、唯織は駿太郎に言います。

「ちっぽけな責任と一緒にするな。技師と医師は違う。ここまで来る道のりも、これからの道のりも。患者の事は誰よりも分かっている」と、駿太郎は唯織に言います。

それでも納得のできない唯織でした。

安野の検査

週刊誌に、安野が政治資金流用疑惑中に偽装入院したという記事が載ります。

検査入院と言う名の雲隠れ』と書かれたために、検査入院では済まなくなってしまい、適当な病気をでっちあげる事になります。

それでも駿太郎は偽装入院に抵抗を感じ、形だけでも検査をしようとします。

しかし、辻村教授が現れ駿太郎に検査中止を求めます。

「検査をしなくても診断はできる。患者を見るだけが医師の仕事ではない。お前には上を目指してほしい。がっかりさせるなよ。安野先生は先月うちで人間ドックを受けて問題なかった。こんな病院で検査をするのは失礼」と辻村教授は駿太郎に言ってその場を去ります。

「麗洋には日本でもトップクラスの医師が集まっている。彼らが異常なしと言ったなら検査する意味がない」と言い、駿太郎は検査中止を決めますが、黒羽たまき(山口紗弥加)が「本当は嘘をつきたくないんじゃない?」と駿太郎に言い、勝手に技師達は検査を始めてしまうのでした。

優秀な甘春総合病院の技師達

駿太郎が悩んでいる間に、どんどん検査を進めてしまうラジエーションハウスの技師達

駿太郎が安野の嘘の診断書を書き戻ってきた時に、丁度検査が終わります。

画像を確認した駿太郎、鏑木、唯織は、麗洋医科大学病院では見落とされていた、スキルス胃ガンに気が付きます。

安野は甘春総合病院の技師達によって病気が発見され、救われたのでした。

駿太郎が認めた技師達

杏を心配する唯織は、杏に肩の再検査のオーダーを頼みます。

「不安定性が強ければオペが必要。このままだと重い機能障害が残る可能性がある」と、杏の状態を唯織は杏に説明します。

「僕に写真を撮らせてください」とお願いする唯織の元へ辻村がやってきて、「オーダーは僕がします」と言います。

唯織が杏の病室を後にすると、「凄いなうちの技師は。麗洋病院で気づかなかった病気に気づいた」と駿太郎は杏に言います。

「技師よりも医師。民間病院よりも大学病院とずっと考えてきたのに」と駿太郎は呟くのでした。

杏の再検査

杏の肩の再検査をしたところ、関節に亜脱臼が見つかります。

唯織が駿太郎に言っていた懸念通り、杏は手術が必要な状態で、放置していたら機能障害が残るところでした。

肩の手術は経験が少なく、適任者を探そうとする駿太郎に、駿太郎の手術は丁寧だと唯織は伝えます。

そして、杏の手術をする事を駿太郎は決意するのでした。

推薦状と入局申請書

安野の検査をするなと言っていた辻村教授でしたが、駿太郎のおかげで助かったと感謝をします。

そして辻村教授は、麗洋医科大学病院の推薦状入局申請書を駿太郎に送ります。

父に期待され、念願の麗洋医科大学病院へ行ける事になり、駿太郎は喜ぶはずでした。

しかし、「胃ガンに気がついたのは、私ではなく甘春総合病院の放射線技師達。私にとっては、麗洋医科大学病院以上に甘春総合病院には学ぶべき事がある」と、駿太郎は入局を辞退したのでした。

ライバル宣言

駿太郎が行った杏の手術は無事成功します。

画像のお陰だと、ラジエーションハウスのメンバーに感謝をする駿太郎。

そして、駿太郎は唯織を良きライバルと認め、「負けるつもりはありませんよ。仕事も。恋愛も」と宣言し、唯織の手を強く握るのでした。

ラジエーションハウス(ラジハ)9話感想

麗洋医科大学病院で見つける事の出来なかった病気を、放射線技師達が検査し見つけることができました。

民間の病院でも、腕の良い医者や技師がいれば安心だなと思わされた回でした。

杏も再検査をし、無事手術をすることができ、機能障害にならずに済みました。

杏だけでなく駿太郎も、唯織や技師達の影響もあり少しずつ変わって来たなと感じました。

今回(9話)のポイント

  • 杏はエスカレーターから転落し頭部を強打しますが、頭部に異常はなかった
  • 大物政治家の安野将司は、政治資金問題を誤魔化すために甘春総合病院に偽装入院した
  • 駿太郎の父・麗洋医科大学病院教授の辻村丈介の指示で、安野の主治医は駿太郎になった
  • 安野は検査入院の予定だったが、週刊誌に載ってしまったために、検査だけでなく具体的な病名が必要になった
  • 駿太郎は辻村教授に安野の検査を止められ、検査をせず適当な病名を診断書に書くことにしようとしたが、技師達が勝手に検査を始めてしまう
  • 日本で優秀な医者の集まる、麗洋医科大学病院での人間ドックで異常なしだった安野だが、甘春総合病院の放射線技師達の検査によってスキルス胃ガンが発見された
  • 安野の件が上手く行ったので、鏑木は辻村教授から相応しい病院とポストを用意されることになった
  • 駿太郎は杏の症状を保存的治療でいいと考えていたが、唯織は肩の再検査を依頼した
  • 最初は断った駿太郎だが、後に再検査を許可し検査をしたところ、手術が必要な状態だと判明
  • 駿太郎は杏の肩の手術をし、成功させた
  • 駿太郎は辻村教授から、念願の麗洋医科大学病院への推薦状と入局申請書を渡されたが、自分にとっては甘春総合病院の方が学ぶべき事があると、推薦を辞退した
  • 駿太郎は、唯織をライバルだと認め、仕事も恋愛も負けないと宣言した

次回(10話)の見どころ

  • 突然現れた杏のお父さん(前院長)
  • 緊急搬送されたあかちゃん

>>フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】

関連記事