ラジエーションハウス

【月9】ラジエーションハウス10話あらすじ・感想※ネタバレ注意|くる病とは?【ラジハ】

ラジエーションハウス10話

ラジエーションハウス(ラジハ)10話無料動画

ラジエーションハウス10話は、放送終了後にFODで無料見逃し配信動画を行っています。

見逃した方や、以前の回をもう一度見たい方は公式HPより視聴することが可能です。


>>フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】

ラジエーションハウス(ラジハ)10話あらすじ

杏の父・正一

ある日、甘春杏(本田翼)の父で甘春総合病院の元院長・甘春正一(佐戸井けん太)が甘春総合病院に来ます。

うつ病だと診断されていましたが、症状は良くなっていませんでした。

鏑木科長(浅野和之)が正一に気づき声をかけ、正一は挨拶をしようと振り返った時に頭痛で倒れてしまいます。

杏は急いで駆けつけます。

五十嵐唯織(窪田正孝)も正一の様子を見に行き、杏は大丈夫だと唯織に言うのでした。

正一は立ち上がる度に頭痛がしていて、半年前に検査をしていました。

小野寺俊夫(遠藤憲一)は杏に再検査を勧めるのでした。

骨折の赤ちゃん

同じ頃、抱き上げると泣き、骨折の疑いがあるとして、嶋田茜(西原亜希)の1歳6ヶ月の息子・が甘春総合病院へ検査に来ます。

3ヶ月前に右上腕骨折の疑いで検査した赤ちゃんだと、黒羽たまき(山口紗弥加)は気が付きます。

「赤ちゃんは骨が柔らかくて骨折しにくいから珍しい」と唯織は不思議に思います。

画像を撮ったところ、左の鎖骨が骨折していたのでした

くる病

「骨折しやすいのには理由があるかもしれない」と唯織は考え、「大腿骨を中心に撮影をさせて欲しい」と光の母に申し出ます。

撮影の結果、辻村駿太郎(鈴木伸之)は『くる病』だと診断します。

くる病は、ビタミンDの欠乏や異常代謝によって軟骨の成長が上手くいかず、骨が通常よりも柔らかくなってしまう病気で、場合によってはそれが原因で発育の遅れが見られます。

そして、光も発育が遅れていました。

光は卵アレルギーのため、普段からビタミンDの摂取量が十分では無かったため、骨の成長が阻害され、O脚になっていました。

ビタミンDを体内で作り出すには、適度に日の光が必要ですが、光が怪我をしないようにと、母親が極力家の中で遊ばせて、外でも帽子などで紫外線を防いでいたので、適度な日の光にあたっていませんでした。

ビタミンDを接種したら徐々に良くなると知り、光を心配していた広瀬裕乃(広瀬アリス)は安心しました。

緊急搬送される光

帰宅中に光は様子がおかしくなり、甘春総合病院に緊急搬送されます。

辻村は「何故こんなに心機能が低下しているのか?くる病だけではこんなこと起きない」と戸惑います。

「光くんは足に末期症状が出ていた。もしかすると、神経芽腫を併発しているかもしれません。いつ呼吸障害が出てもおかしくありません。すぐに検査をし、腫瘍の場所を見つけ切除する必要がある」と、唯織は辻村と医師の野村に言います。

鏑木がやってきて、「今すぐ小児専門病院に搬送した方が良い。乳児の場合、検査や治療の難易度が格段に上がる。経験豊富な専門病院に任せた方がいい」と言います。

唯織は納得できず、「万が一搬送中に呼吸不全に陥ったら、脳に重篤な障害が残る可能性があります。腫瘍の場所さえ特定できる正確な胸腹部CT画像があれば、この病院でも治療に挑めるはずです」と言います。

「胸腹部CTを撮ることがどれ程難しいことか分かっているのか?乳児の場合、大人を撮るのとは訳が違う」と唯織に鏑木は言いますが、「でも、今やらないと光くんは手遅れになってしまうかもしれません。体の小さい赤ちゃんは一瞬でも呼吸が止まれば命の危険に晒されます」と唯織も譲りません。

そこへ杏もやってきて、唯織の意見に賛同し、辻村も「転院せずに治療にあたりたい」と鏑木にお願いをします。

そして、野村が許可を出し、画像を撮影することになったのです。

神経芽腫

ラジエーションハウスに戻ると、こうなる事を見越した技師達が既に準備をしていました

唯織が光の呼吸のタイミングを見計らって威能圭(丸山智己)に合図を出し、画像を撮影しました。

画像を確認すると、脊椎の脇に石灰化と骨を圧排する腫瘍が見られ、唯織の予想通り神経芽腫でした。

腫瘍が脊髄に進展している可能性が高く、無理に手術をしたら患者に麻痺が残る可能性を否定できないとし、手術は難しいと野村と辻村は判断します。

そこへ鏑木が来て、「これは呼吸の影響も無い、造影のタイミングも完璧な写真です。MPRを作って神経芽腫を多断面から観察してみなさい」と指示を出します。

そして、威能がCT画像を別角度から再構成したところ、画像には脊髄の部分がはっきりと映っていました。

「脊髄に腫瘍が進展していないことは明らかだ」と鏑木は言い、辻村は手術の準備をするのでした。

唯織が鏑木にお礼を言うと、「君たち技師が責任を持って撮影した正確な写真を、我々放射線科医が責任を持って診断し治療方針を導く。それが我々ラジエーションハウスの仕事です」と鏑木は唯織に言うのでした。

光の手術

光の手術が気になり、残っていたラジエーションハウスの技師達は、光の手術が無事成功した事に安堵します。たまきは気になって光の様子を見に行きます。

「私がもっとちゃんとしてたらこんな事にならなかったかもしれない」と自分を責める光の母にたまきは、「完璧にできなくてもいいんじゃないですかね?ちょっと周りを見渡せば、自分に足りないものを補ってくれる誰かが」と伝えます。

そして、「息子をこの病院に連れてきて良かったです」とたまきは感謝されるのでした。

鏑木にとって大事なもの

鏑木は、大物政治家・安野の件の見返りとして、麗洋医科大学病院の系列病院の院長になれる事になり、甘春総合病院は業績も思わしくないという理由もあったため辞める事を決め、大森院長(和久井映見)に退職願を出します。

鏑木は院長になれることを喜び、家族にもハワイ旅行に連れて行くと約束します。

しかし、光の治療がきっかけで思い直し、院長になる事を辞め、甘春総合病院に残る事を決めたのです。

別の病気の可能性

ある事が気になり、正一の再検査を唯織は杏にお願いします。

再検査の画像撮影の後に、唯織は髄液漏れの検査をすると言い出します。「甘春先生のお父さんは、恐らくうつ病ではありません。もっと違う別の病気です」と唯織は言うのでした。

ラジエーションハウス(ラジハ)10話感想

10話では『くる病』というあまり聞き慣れない病名が出てきました。

あんなに小さな赤ちゃんが骨折するなんて、ビタミンDと日光の欠乏がこれほどまでに身体に影響を与えるとは、思っていなかったので驚きました。

光くんが助かって良かったのですが、せっかく病院に来て検査をしていたのだから、緊急搬送されるより前に病気に気がつけていたらな…と感じました。

同じ画像を見ても、何かの症状に対しこの病気ではないかと疑って見なければ、些細な異常は見落とされてしまうのだなと思いました。

うつ病だと思っていた正一の症状に、違う病気の可能性が出てきたので、何の病気でどう治療をしていくのか気になります。

今回(10話)のポイント

  • 抱っこをすると泣き出す赤ちゃん・光は左の鎖骨が骨折していた
  • 光は『くる病』というビタミンDの欠乏や異常代謝によって、軟骨の成長が上手くいかず骨が通常よりも柔らかくなってしまう病気だった
  • くる病によって、光るは発育の遅れが見られていた
  • 帰宅途中に光の様子がおかしくなり、緊急搬送される
  • 再検査したところ、神経芽腫を併発していて、緊急手術を要する状況だった
  • 唯織と技師達の正確な撮影により、腫瘍場所を特定でき、無事手術は成功した
  • 鏑木は大物政治家・安野の件で麗洋医科大学病院の系列病院の院長になれる事になった
  • 経営の思わしくない甘春総合病院を辞める事を決意し、退職願を提出したが、光の治療がきっかけで思い直し、院長の話を辞退することを決めた
  • 杏の父・正一はうつ病だと診断されていたが、他の病気の可能性があると唯織は考えた

最終回(11話)の見どころ

  • 意識障害を起こした元院長
  • 杏の代わりに手術を行うと言う唯織
  • 技師が治療をするのは医師法違反だと言う辻村
  • 唯織は杏のために医療行為をするのか?

今回は、くる病になった赤ちゃんの話でした。
杏の父・元院長の正一も登場しました。

次回は、正一の病気の話で、唯織が医療行為をしてしまうのかどうか気になります。

来週は最終回なので、唯織の気持ちを杏へ伝える機会があるのかどうか、あるとしたら気持ちが届くのかどうか、唯織の恋の行方も楽しみです。

>>フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】

関連記事