ラジエーションハウス

【ドラマ動画】月9ラジハ(ラジエーションハウス)3話あらすじ・感想※ネタバレ注意

ラジエーションハウス3話

ラジエーションハウス(ラジハ)3話無料動画

ラジエーションハウス3話は、放送終了後にFODで無料見逃し配信動画を行っています。

見逃した方や、以前の回をもう一度見たい方は公式HPより視聴することが可能です。


>>フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】

ラジエーションハウス(ラジハ)3話あらすじ

ショックを受ける唯織

杏(本田翼)と仲良くなるため、杏に話しかけようと試みる唯織(窪田正孝)ですが、辻村(鈴木伸之)が杏に話しかけ、唯織はタイミングを失ってしまいます。

唯織に気づいた辻村は、わざとまた一緒にご飯に行こうと杏を誘ったり、杏の背中に手を添えてエスコートするようにして歩いたりします。

実際には辻村の手と杏の背中には距離があり触れてはいませんが、唯織から見ると触れているように見え、親密そうな二人にショックを受けます。

また別のある日も、辻村が杏に本を渡して楽しそうに会話する姿を見て、唯織はショックを受けるのでした。

乳がん検診

結婚を控えた女性雑誌編集者の葉山今日子(内山理名)が乳がん検診にやってきます。

今日子の母と祖母がガンを患っていた事から、今日子は毎年欠かさず乳がん検診を受けていました。

マンモグラフィ検査の結果、異状なしで安心する今日子でしたが、画像を見た唯織は、「今日子はデンスブレストだから超音波検査もするべきだ」と助言します。

しかし、診断は異状なしだったからと今日子は帰ってしまいます。

デンスブレスト

デンスブレスト(高濃度乳腺)は、マンモグラフィ検査で撮影した際に、真っ白く映ってしまうために腫瘍があったとしても判別が難しくなってしまうもので、多くの日本人女性に見られます。

デンスブレストの場合、マンモグラフィだけでは正確な診断ができないため、より詳しく調べるためには超音波検査も行う必要があります。

しかし、明確な異常が見えない場合、医者はわざわざデンスブレストだと患者に伝えたり、超音波検査を勧めたりする義務は無く、このような場合、杏も異常なしと書くしかないのです。

マンモグラフィ画像

たまき(山口紗弥加)が自分の友達に相談されたとして、マンモグラフィの画像を杏に見てもらいます。

杏はその画像を見て、「一度再検査をした方が良い」とたまきに伝えます。

友人のマンモグラフィの画像だと言っていたたまきでしたが、実は自分自身の画像だったのです。

不安を感じたたまきは、再度マンモグラフィの写真を撮る為、新人の裕乃(広瀬アリス)に本物で練習してみないかと聞き、勤務時間外にたまきのマンモグラフィの撮影をするのでした。

撮影結果を見た裕乃は、たまきに超音波検査を薦めますが、たまきは検査を受けようとはしなかったのです。

超音波検査

デンスブレストを唯織から伝えられた今日子は、気になって自分でも調べます。

すると、デンスブレストの場合、正確な診断をするためにはマンモグラフィだけでは不十分だという事を知ります。

異常なしとの診断結果を受け取っていた今日子は、納得できず唯織の元を訪れます。

そこで、再度唯織は超音波検査を受けて欲しいと、今日子にお願いするのでした。

今日子の超音波検査をしたところ、疑わしくもはっきりとは断定できないを見つけます。

「自分の患者に勝手な検査をしないでくれ」と他の医師に注意される唯織でしたが、この後まさかの発言をするのでした。

乳房MRI検査

患者を助けたいという気持ちが人一倍強い唯織は、今日子に造影剤を使った乳房MRI検査をしたいと言い出します。

乳房MRI検査は高額で時間もかかるため、1人の患者にだけ特別扱いはできないと医師に拒否されますが、唯織は必死に頭を下げます。

その姿を見て杏も心を動かされ、もう二度と曖昧なレポートは書きたくないと言い、検査を許可してもらうようお願いをします。

そして、今日子は乳房MRI検査をすることとなったのです。

たまきの腫瘍

「次に検査の練習に付き合うときは10万円払って」とたまきに言われる裕乃。

練習で撮影したマンモグラフィ画像で、たまきがデンスブレストだと思った裕乃は、「10万円払うから超音波検査の練習に付き合って欲しい」とたまきに頼みます。

たまきの持っていた画像を見て、超音波検査をした方が良いと思っていた小野寺(遠藤憲一)も、「後輩の頼みだから付き合ってあげろ」とたまきを説得します。

たまきが自分の友人の画像だと言い張っていた画像が、たまき自身の画像だと気づいていた小野寺は、たまきの超音波検査をしていた裕乃に指示を出します。

その指示をきっかけに、たまきには腫瘍があるものの、悪性ではなく良性のものだと裕乃は判断できました。

異常なしの実態

乳房MRI検査をした今日子でしたが、検査の結果乳がんだと分かります。

異常なしだと言われていたにも関わらず、大きい腫瘍が見つかってしまいます。

今日子は、転移しないように右側の乳房を全摘した方がいいと医師から助言されます。

マンモグラフィで異常が無い場合、医師は異常なしと書かざるを得ない状況ではありますが、その結果乳がんの見落としが合った事を杏は今日子に謝罪します。

すると、今日子は早期発見できたことを感謝するのでした。

乳がんとも、彼とも向き合う

結婚を控えていた今日子ですが、自分が乳がんになってしまったことで、彼は自分より年下でまだ出会いがあるから別れた方が良いのかもしれないと考えます。

今日子が悩んでいると、たまきが「乳がんは11人に1人がなる病気で珍しくないが、結婚したいと思える人に出会える確率は奇跡だ」と伝え、今日子を励まします。

自分自身も不安から検査することを避けていた事のあるたまきは、「生きるために決断したあなたを心から尊敬しています」と今日子に伝えたのでした。

そして今日子は、彼に乳がんの事を打ち明けます。

今日子から乳がんで右胸を失ってしまう事を打ち明けられた彼は、「年取ったらメタボになるかもしれない。髪も無くなるかもしれない。見た目が変わるのはお互い様だ」と言い、今日子を慰めます。

今日子は、彼と別れず前へ進むことができたのです。

変わりつつある杏

鏑木科長(浅野和之)がマンモグラフィの結果から異状なしと診断結果を入力していると、杏がデンスブレストのため超音波検査を推奨しますと書き換えました。

病院のルールや医師の暗黙の了解に縛られていた杏でしたが、唯織の影響により、杏の医者としてのあり方が少しずつ変わりつつあったのです。

ラジエーションハウス(ラジハ)3話感想

予告でたまきが乳がんなのだと思っていましたが、見事に予想が外れました。

乳がん検診でマンモグラフィ検査を行い、『異常なし』と診断されると患者はホッとしてしまいますが、デンスブレストのような画像自体が白く覆われて、見えにくい状態であったとしても、『異常なし』と診断書に書かれてしまう実態は恐ろしいです。

3話を見て、乳がん検診の際に超音波検査もしようと思われた方もいるのではないかと感じ、乳がんの早期発見に一役買っているドラマだなと感じました。

今回(ラジエーションハウス(ラジハ)3話)のポイント

  • 乳がん検診でマンモグラフィ検査をしても、デンスブレストの人はマンモグラフィだけでは正確な診断ができない
  • 検査結果で明らかな異常が見当たらない場合は、例え高濃度で見えづらく、正確な判断ができない状態であっても、『異常なし』と診断されてしまう
  • マンモグラフィ検査の結果、異常なしだと判断されていた今日子だが、超音波検査で怪しい影が見つかり、乳房MRI検査により乳がんだと診断された
  • しこりの存在を感じていたたまきだが、超音波検査の結果、腫瘍は良性だった

次回(ラジエーションハウス(ラジハ)4話)の見どころ

  • 学生時代にバスケをしていた裕乃
  • 「大変です!五十嵐さんが…」と急ぎラジエーションハウスに入ってくる杏。唯織に起きた事とは?
  • 唯織の肩にもたれ掛かる杏。二人の進展は?
  • マンウィズのFLYAGAINが流れる!?

放送終了後の無料動画

ラジエーションハウス3話は、放送終了後にFODで無料見逃し配信動画を行っています。

見逃した方や、以前の回をもう一度見たい方は公式HPより視聴することが可能です。

>>フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】

関連記事