ラジエーションハウス

【月9】ラジエーションハウス7話あらすじ・感想※ネタバレ注意【ラジハ】

ラジエーションハウス7話

ラジエーションハウス(ラジハ)7話無料動画

ラジエーションハウス7話は、放送終了後にFODで無料見逃し配信動画を行っています。

見逃した方や、以前の回をもう一度見たい方は公式HPより視聴することが可能です。


>>フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】

ラジエーションハウス(ラジハ)7話あらすじ

白衣の軒下

軒下吾郎(浜野謙太)は、マッチングアプリで恋人を探すも振られてばかりいます。

そんな頃に、中学の頃の同級生・真貴(松本若菜)と甘春総合病院で再会をします。

食事に誘うも、彼女は同級生の蛭田(篠原篤)と結婚していました。

またもや振られてしまった軒下は、何とか誰かとデートをしようと、白衣を着て医者のフリをしたプロフィールをマッチングアプリで作成し、女性に声をかけられデートの約束をするのでした。

軒下の同級生

同級生の真貴は乳ガンの可能性があり、超音波検査など再検査が必要でしたが、予約で2ヶ月も待たないといけない状態でした。

蛭田は他の病院も探しましたが、どこも待つ日数が長く、再度甘春総合病院に来て、中学の同級生の軒下を頼り、少しでも早く検査をしてもらえないか頼みます。

中学の同級生に良い格好をしようとした軒下は、白衣を着て医者のフリをしますが、大きな声で頼まれたこともあり、すぐに同級生だからと特別扱いはできないと断り、ラジエーションハウスに戻ります。

蛭田は軒下に断られ病院から帰ろうしますが、五十嵐唯織(窪田正孝)とぶつかった事をきっかけに、医療関係者だからと唯織に話を聞いてもらうのでした。

検診難民

検診難民は、検査の予約や何度も検査をするために、何ヵ月も日数がかかってしまう患者の事で、仕事を辞めて生活が破綻する患者もいます

真貴は検診難民になっており、蛭田から相談された唯織は何とか早く検査ができないかと放射線科医・甘春杏(本田翼)や大森院長(和久井映見)に相談しますが、どうする事もできません。

「放射線技師として、できることをするしかないんじゃない?」と大森院長に言われ、唯織は何か自分にできることはないかと考えるのでした。

技師への疑問

何とか真貴を助けられないか軒下も考えますが、技師は医師ではないので治療もできず、検査の順番を待ってもらうしかなく、「技師って何なんだよ」と疑問を感じるのでした。

初めての当直

初めて当直をすることになった広瀬裕乃(広瀬アリス)。

オンコールを軒下が担当します。

オンコールは勤務時間外に電話があればすぐに駆け付けるという役目で、広瀬は何かあれば軒下に電話をする事になるのですが、軒下はデートの予定だという事で、電話をかけにくい状況に不安を感じるのでした。

診断に自信の持てない杏

技師に甘えていると鏑木先生(浅野和之)に注意される杏。

医師免許を持たない者が医療をすると、法律違反で解雇になると忠告を受ける杏は、気軽に唯織に画像を見てもらえなくなります。

杏が悩んでいる様子だったため、相談に乗った整形外科医・辻村駿太郎(鈴木伸之)は、「最近自分の診断に自信が持てない」と杏に相談されるのでした。

初の当直で外傷患者の受け入れ

階段から転落した、外傷の患者のCTとレントゲンを撮影することになった広瀬。

唯織が勤務時間外に病院にいたため、助けをお願いしようとするも、真貴のマンモグラフィをしていたためお願いできず、軒下に連絡をすることになります。

デート中の軒下はお酒を飲んで酔っているのではないかと懸念されていましたが、ワインのフリをしてずっとブドウジュースを飲んでいたのです。

軒下はデートを中断し、病院に戻るのでした。

唯織の初見

唯織は立場上医師ではないので断言はできませんが、唯織の所見では真貴は良性の腫瘍だったため心配はないと真貴と蛭田に伝えました。

杏は勝手に唯織がマンモグラフィをしたと勘違いし駆けつけましたが、唯織は「前回の写真にわずかにCSLの可能性が読み取れたので、それをはっきりさせたい」と大森院長にお願いをし、検査のオーダーをしてもらったと杏に説明しました。

「CSLというとてもレアな良性の腫瘍で、実際に見たのは初めてだ」と唯織は言います。

マンモグラフィの検査後、真貴と蛭田がラジエーションハウスに入ってきて、唯織や軒下に感謝を伝えました。

軒下は真貴に、「医者じゃなく放射線技師だ」と正直に言うと、「患者を救うという夢を叶えているから凄い。私たちを救ってくれたのは技師さんだよ」と真貴は軒下に伝えます。

それを聞いて誇らしい気持ちになる軒下でした。

お前は何者?

どうして唯織はこんな病変に気づけるのかと疑問を持つ杏。

小野寺俊夫(遠藤憲一)も唯織に対して疑問を感じていました。

小野寺は杏の持っていた本に、ふと目が留まります。

その本の著者は『ドナルド・E・ピレス』で、以前唯織のタブレットに届いたメールの送り主でもありました。

気になって調べた小野寺は、白衣を着て海外の医療チームで写真に写っていた唯織を見つけます。

その写真を唯織に見せ「お前何者なんだ?」と小野寺は唯織に聞いたのです。

ラジエーションハウス(ラジハ)7話感想

将来医者になるのが夢だった軒下は、医者へのコンプレックスを感じていて、検査では患者を救う事はできず技師とは何なんだろうと、最初は思っていたようですが、技師も人を救えると感じ、技師に誇りを感じるようになった姿が素晴らしかったです。

オンコール中に、デートをしていた軒下ですが、赤ワインのフリをして飲んでいたのはブドウジュースだというところに、仕事を大事に考えているのが伝わりました。

唯織は小野寺に何者なんだと聞かれていましたが、医師でも分からなかった病変に気づく唯織は、小野寺だけでなく杏にも疑問を持たれ、医師免許を持っている事がバレるのも時間の問題な気がします。

今回(7話)のポイント

  • 軒下の中学生の頃の同級生が人間ドックで引っかかり調べるために甘春総合病院にやってきた
  • マンモグラフィの結果、悪性の可能性が疑われたが、超音波検査の予約がいっぱいで2ヶ月待ちになっていた
  • 蛭田から相談された唯織は、何か自分にできる事は無いかと、大森院長に相談し、再度マンモグラフィの検査をするためオーダーをしてもらった
  • 医師では無いという事になっているため、表立っての診断はできないが、唯織の初見では真貴のしこりは良性のものであると判断した
  • 軒下は医者に対するあこがれやコンプレックスもあり、直接患者を助ける事の出来ない放射線技師という仕事に疑問を抱くも、技師として感謝をされ技師の仕事に誇りを感じることができた
  • 何故自分も気づかない病変に唯織が気づくことができるのか、杏は疑問を持ち始めまた
  • 小野寺は唯織が白衣を着ている姿の写真を見つけ、「お前何者なんだ?」と聞かれてしまう

次回(8話)の見どころ

  • ある疾患の疑いを考えている杏。虫垂腫瘍とは?
  • どうして彼には見えるの?と医師ではない技師の唯織が、何故自分より病変に気がつけるのかと疑問に思う杏

今回は軒下がメインの回でした。

ついに小野寺に「お前何者なんだ?」と疑問を持たれてしまった唯織。

杏にも何故病変に気が付けるのか疑問を持たれていましたが、次回も更に杏は唯織に対し疑問を持つので、医師免許の事がバレてしまうのかどうなのか気になります

>>フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】

関連記事