ストロベリーナイト・サーガ

ストロベリーナイトサーガ9話あらすじ・感想・ネタバレ注意【要約】

ストロベリーナイト・サーガ9話

ストロベリーナイトサーガ9話無料動画

ストロベリーナイトサーガの9話無料動画は、放送終了後に以下から視聴できます。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】

ストロベリーナイトサーガ9話あらすじ

連続殺人事件の犯人

姫川玲子(二階堂ふみ)は、暴力団員・小林充(古野陽大)と暴力団組長・藤元英也(鈴木隆仁)の連続殺人と柳井健斗(寺西拓人)を自殺に見せかけて殺した事件について、一連の犯人が牧田勲(山本耕史)だと疑い、直接牧田を問い詰めます。

警察は2件の連続殺人の犯人は柳井だと捜査してきましたが、姫川は小林殺害時に録音されたと思われる牧田の「これが先生の望んだ小林充の最期だ」と言う声が録音された音声データを聞き、真犯人は牧田だと考えます。

柳井は口封じに2件の事件の罪を着せられ、牧田によって自殺に見せかけ殺されたのだと姫川は推測したのでした。

姫川から牧田を守ろうとした牧田の舎弟・川上義則(田邊和也)は、邪魔者の姫川を刺そうと、刃物を持って姫川の元へ走って行きます。

それに気が付いた牧田は、姫川を庇って刺されてしまいます。

しかし実際には牧田の声は、小林殺害時に現場で録音されたものではなく、柳井の部屋での会話が録音されたもので、牧田は一切殺人をしていませんでした

川上は、敬愛する牧田を西堂組の組長にするために、小林と藤元を殺し、2件の殺人の罪を柳井に着せて、柳井を自殺に見せかけ殺しました。

そして川上は、最後に牧田を連続殺人事件の犯人だと疑う姫川を殺そうとして、誤って牧田を殺してしまったのでした。

「長岡部長の言う通りにしていたらこんな事にならなかったのかな?」と姫川は菊田和男(亀梨和也)に言います。

柳井を救えず、自分が勝手に単独捜査をした事で、牧田が亡くなってしまったのではないかと悔やみ、責任を感じる姫川でした。

刑事部長と刺し違える覚悟

長岡刑事部長(小市慢太郎)は、過去の冤罪事件が明るみに出る事を恐れ、柳井の事は伏せて、被害者は小林・藤元・牧田の3人で犯人は川上だと会見するように指示をします。

しかし、和田徹捜査一課長(羽場裕一)は、小林の件は、柳井健斗が依頼した嘱託殺人だと会見で暴露します。

柳井の姉・千恵を強姦して殺したと父親が疑われ、父親は自殺をし、被疑者死亡で解決したとされた事件は冤罪で、千恵を殺害した真犯人が小林だと知った柳井が、小林殺害を依頼したのだと公表しました。

「ああいうのをのさばらせていたら世のためにならない。刑事部長と刺し違えるつもり」と、和田課長は覚悟を決めていたのでした。

降格と異動・姫川班解散

和田課長、今泉春男係長(山口馬木也)、橋爪俊介管理官(岡田浩暉)は降格・異動し、姫川班も全員別の場所へ異動になりました。

橋爪管理官に謝る姫川でしたが、「さっきからすみませんって。お嬢ちゃん一人でこんなことになるわけないだろ。うぬぼれるな」と橋爪管理官に言われるのでした。

菊田の想いと姫川の決意

「姫川班で半年。いろんなことを学びました。最初は年下の女上司なんてやり辛いだろと思ってました。自分の勘に頼りすぎて部下の事を信頼してないんじゃないかと思ったことも。でも、だんだん分かってきた。部下を大事に思っていることも。殉職した大塚のノートを握りしめているのを見た時に、この人を支えようと決めた」と、菊田は姫川に言います。

そして、「牧田にあって俺に無いものはなんですか?」と菊田は姫川に問います。

「菊田には分からないと思う」と姫川は答えるのでした。

送別会で姫川は、「必ず一課に戻るから。戻ったら必ず皆を呼ぶ」と決意を姫川班のメンバーに伝えます。

そして、帰り道に姫川は菊田に感謝の気持ちを伝えるのでした。

取り込み詐欺

1年後。

姫川は、トキワ硝子の赤木芳弘が取り込み詐欺の被害に合い、自殺をした件を捜査します。

今井商事の黒沢から300万円の融資をされた赤木は、黒沢を疑わず大口取引をしてしまいます。

7000万円分の商品を仕入れて今井商事へ卸しますが、代金は支払われず商品だけ奪われてしまいます。

ガラスメーカーに支払いが出来なくなった事を苦に、赤木は自殺をしたのです。

容疑者3人組

姫川は大口のバイヤー・白鳥に扮して捜査をするうちに、3人組がコンタクトを取りたがっていると紹介され、3人組の内の女性・北野と会う事になります。

顔だけ確認し後をつけた姫川は、北野の自宅を特定します。

そして調べると、北野と名乗る女の本名は吉田真純だと分かります。

残りの2名の身元が割れない捜査二課の土井でしたが、戸籍を見た姫川はすぐに男性2名は身内だと言います。

詐欺グループに女がいる場合、どちらかの男と肉体関係があるはずが、真純は一般男性を恋人にしているため、肉体関係ではない別の深い繋がりである、血縁関係だと真純の2人の兄弟を疑います。

姫川の推測通り、真純の兄・吉田勝也が主犯の黒沢(偽名)で、弟・晴樹も仲間でした。

姫川の勘により、取り込み詐欺の3人組を捕まえる事が出来たのです。

ストロベリーナイトサーガ9話感想

せっかく感覚が似ていて惹かれる人に姫川は出会えたので、牧田には生きていて欲しかった、そんなことを思います。

姫川班がバラバラになったのは残念ですが、刑事部長が隠蔽しようとした事実を、和田課長が記者の前できちんと隠さず話したことはとても素晴らしいと思いました。

事実をきちんと公表するという、正しい行いをした人が処分され、人事異動されてしまうのはなんだかモヤモヤしますね。

橋爪管理官の「お嬢ちゃん一人でこんなことになるわけないだろ」という言葉は姫川への優しさに感じられ、今まで嫌な奴だと思っていましたが良いところもあるんだなと、見直しました。

詐欺で騙した側は、自分のせいで被害者が自殺したにもかかわらず、「騙された側が自己破産すればいい。自殺なんて知らない」と、他人事の様に考えているのははっきり言って許せません。

今回(ストロベリーナイトサーガ9話)のポイント

  • 小林、藤元、柳井を殺したのは、牧田を西堂組の組長にしたかった川上によるものだった
  • 姫川を狙った川上から姫川を庇い、誤って刺された牧田は亡くなってしまう
  • 過去の冤罪を公にしたくない刑事部長は、柳井以外の殺人の公表を指示したが、正義感の強い和田課長が真実を公表し、謝罪した
  • 姫川班のメンバーは責任を取らされ、異動が決まりバラバラになる
  • 菊田は姫川を想いますが、人を殺したいと思ったことのある姫川には、菊田の想いは届かなかった
  • 1年後、姫川は取り込み詐欺の3人組を捜査し、持ち前の勘で3人組を特定し逮捕した

次回(ストロベリーナイトサーガ10話)の見どころ

  • 内臓破裂、連続撲殺事件の謎
  • 暗躍する青い怪物
  • ブルーマーダーとは?
  • 菊田の登場

今回は暴力団関係の連続殺人事件の続きと、詐欺の話でした。

次回は青い怪物の話で、菊田も登場するようです。

ストロベリーナイトサーガの9話無料動画は以下から視聴できます。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】

関連記事