ストロベリーナイト・サーガ

【無料動画あり】ストロベリーナイトサーガ7話あらすじ・感想・ネタバレ注意【要約】

ストロベリーナイト・サーガ7話

ストロベリーナイトサーガ7話無料動画

ストロベリーナイトサーガの7話無料動画は、放送終了後に以下から視聴できます。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】

ストロベリーナイトサーガ7話あらすじ

暴力団の構成員の死亡

六龍会の構成員・小林充が何者かに刃物でめった刺しにされ、殺されます。

第一発見者は同棲していた女性・志村恵実(玉井らん)。

姫川玲子(二階堂ふみ)の班も捜査に加わる事になります。

捜査を始めようとした矢先に、匿名で『ヤナイケントが小林を殺した』と警察に連絡が入ります。

この『ヤナイケント』が警察組織を大きく揺るがすことになるのです。

西堂組の組織図

・西堂組(組長:西堂は療養中)
┗・仁龍会(会長:藤元)
  ┗・六龍会(構成員:被害者・小林充)
┗・大岸会(会長:三原)
┗・極桜会(会長:牧田)

小林殺しを西堂組の内乱のきっかけにしようとしたのでは?と考える警察関係者もいましたが、聞き込み情報もあり、姫川は内乱のきっかけにするには小林では火種が小さいと考えるのでした。

捜査するなとの命令

姫川は、今泉春男係長(山口馬木也)に柳井健斗の捜査をするなと言われます。
これは上層部からの命令でした。

正義感があり納得のできない姫川は、班のメンバーを巻き込まず単独で柳井健斗の捜査を始めます。

柳井健斗には姉・千恵がいて、千恵は9年前に強姦され絞殺されていました。

千恵は当時小林充と付き合っていました。

第一発見者が弟・柳井健斗で、容疑者は父・あつしだとされ、あつしは警察から酷い取り調べをされていました。

その取り調べについて嗅ぎ付けた週刊誌が、強姦殺人の容疑者としてあつしを大きく取り上げます。

世間から犯人だとして注目されてしまったあつしは、耐えられずに自殺をしてしまいます。

警察は、被疑者死亡として千恵の事件を終わらせました。

この9年前の事件の真犯人が小林で、その事を知った柳井健斗が小林を殺したのではないかと、警察関係者は推測します。

そして刑事部長は、警察組織のために必要な正義だとして、あつしの冤罪がバレないように、柳井健斗の捜査はするなと命令するのです。

これは柳井健斗を調べ、その結果逮捕に至ってしまうと、その動機を公表することになり、あつしの事が明るみに出てしまい、過去の事件が冤罪だと世間に知れ渡ってしまうからです。

警察上層部からの圧力があるものの、捜査をしないなんてできない姫川は、単独で柳井健斗を探します。

姫川を助けたい菊田和男(亀梨和也)ですが、姫川の意向通りに柳井健斗の捜査には加わらず、姫川の行動がバレないように、捜査方針に乗っ取って捜査をするのでした。

不動産屋の槇田

柳井健斗の自宅を張り込んでいた姫川は、柳井の家を訪れた男・槇田功一(山本耕史)に出会います。

槇田は不動産屋だと名乗り、自分も柳井を探していると姫川に言います。

槇田は柳井のアルバイト先を姫川に教えます。

そして、柳井に会えたら連絡が欲しいと、個人用携帯の番号を交換しました。

その後も張り込みを続ける姫川に、槇田はたい焼きを差し入れします。

姫川はそんな槇田に惹かれるのでした。

しかし、姫川は後に驚きの事実を知ることになるのです

柳井の家

後日柳井の家に向かった姫川は、柳井の家の中から物音がする事に気が付きます。

ドアを開けてみると、中には勝俣主任(江口洋介)がいました。

勝俣は姫川より先に証拠を見つけて、証拠を握りつぶす事を上層部から命じられ家宅捜索をしていました。

それだけ危険な案件だったのです。

柳井の家からはパソコンが無くなった形跡があり、もう柳井は家に戻ってこないのでは?と姫川は考えます。

柳井は事件後の時間にもアルバイト先に顔を出しており、人を殺した人間が何の様子の変化も無く、いつも通り仕事場に来るという事に違和感を覚え、柳井が犯人だとは思えない姫川は、捜査を続けるのでした。

藤元殺害

仁龍会の会長・藤元が殺され、西堂組の内乱がいつ始まってもおかしくない状態になってしまいます。

槇田の正体

槇田から「柳井の事で思い出したことがある」と連絡が姫川に入ります。

カフェで待ち合わせをした姫川は、窓越しに髪型を気にします。

槇田から柳井の実家は三鷹だとの情報を得ますが、既にその情報は姫川の知っているものでした。

カフェから出て2人が歩いていると、男たちが寄ってきます。「うちの会長がやられたのに何故挨拶に来ない。藤元の兄貴やったのはお前じゃないのか?」と男達が槇田に襲い掛かり、槇田は殴って男たちを倒します。

その時に、姫川は槇田に入っている刺青に気が付くのです。

雨が降り始め、槇田は姫川の手を握り、その場から走り始めます。

その手を繋いで走っている姿を菊田は目撃してしまうのでした。

「素性を偽った事を謝る。騙すつもりはなかった。柳井を心配しているのは本当だ」と槇田は姫川に言います。

槇田の正体は不動産屋ではなく、極桜会の会長・牧田勲だったのです。

ストロベリーナイトサーガ7話感想

過去の被疑者死亡で解決したはずの事件に冤罪の可能性が出てきて、それに対し警察の上層部は警察組織の為にも、明るみにしないように関係のある人間を捜査するなと命令を出している部分に、警察組織の闇を感じます。

過去の冤罪事件が原因で、今回の事件が起きた可能性もあり、このような事件は姫川のような自分の立場を顧みず、単独で捜査をする人がいないと解決しないのだと思います。

もっと警察組織が過去の事件に真摯に向き合ってくれればと残念に思ってしまいます。

今回(ストロベリーナイトサーガ7話)のポイント

  • 小林が殺された事件で、柳井健斗が犯人だとの匿名の電話があった
  • 柳井健斗の姉・千恵は強姦され殺された
  • 警察は父親・あつしを疑い、マスコミもそれを嗅ぎ付けたため、追い詰められたあつしは自殺をしてしまった
  • 千恵は当時小林と付き合っていて、小林が殺害し、それを知った健斗が小林を殺害したのではと推測された
  • もし推測通りなら、自殺した父・あつしは冤罪だったため、警察組織を守る為には柳井健斗を調べてはいけないと、姫川たちは命令される
  • 正義感の強い姫川は、柳井健斗を調べずにはいられないため、柳井健斗を探しましたが見つからなかった
  • 柳井健斗を探している時に、不動産屋の槇田と知り合うが、槇田は不動産屋ではなく極桜会の会長・牧田だった
  • 雨が降り始め、姫川の手を握り走る牧田の姿を菊田は見てしまう

玲子が惹かれた男性が不動産屋ではなく極桜会の牧田でした。

探していた柳井健斗は見つからないまま第二の被害者(藤元)が出てしまいました。

事件をどう解決してくのか、真実は何なのか気になります。

次回(ストロベリーナイトサーガ8話)の見どころ

  • あんた人を殺したいと思ったことあるだろと牧田に言われる姫川
  • 交差する企みと罠
  • 3人目の犠牲者とは?

ストロベリーナイトサーガの7話無料動画は以下から視聴できます。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】

関連記事