ストロベリーナイト・サーガ

ストロベリーナイトサーガ1話あらすじ・感想※ネタバレ注意!!【要約】

ストロベリーナイト・サーガ1話

ストロベリーナイトサーガの1話無料動画は以下から。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】

1話あらすじ

金髪の女性と出会った少女

路地裏を歩いていた時に不良グループにぶつかり近くのごみ箱と一緒に倒れた少女。
汚いと言われ蹴られました。
少女の目には世界が全て白黒に見えていましたが、近くに転がっていたパックの中のイチゴだけが、綺麗な赤色に見えました。
イチゴに手を伸ばした時に、「分かるよ。君の事分かるよ。私も同じだから」と言って少女に声をかけ、そっと金髪の女性は抱きしめてくれたのです。
少女にとって大切な人との出会いでした。

姫川班への配属


2018年11月13日、菊田和男(亀梨和也)は、警視庁捜査一課の殺人犯捜査第十係の姫川班に配属されます。
姫川班とは、警部補の姫川玲子(二階堂ふみ)を主任とする班です。

配属日の数日前に亀有で起きた殺人事件により「水元公園内殺人・死体遺棄事件特別捜査本部」が立ち上がっており、菊田は初日からいきなり殺人事件の捜査に加わることになったのです。

ストロベリーナイトサーガ1話のロケ地の水元公園は東京最大の水郷公園亀梨和也・二階堂ふみ主演のドラマ『ストロベリーナイトサーガ』の1話で登場した水元公園は、東京都葛飾区にある都内最大の水郷公園です。 ...

不可解な多数の傷

近所の女性が午前6時に2階寝室の窓からビニールシートに包まれたものが水元公園内のため池付近にあるのを目撃するも、不法投棄と思い通報しなかったところ、その女性が翌日現場近くを通った時に、ビニールシートが人型だという事に気づき午後5時に通報。

被害者は金原太一(34)。
事務機器リース会社の営業マンで、死亡推定時刻は2日前の午後7時~10時の間。

死因は出血性ショックで、喉元から左頸動脈をスッパリ割られたことが致命傷でした。

凶器は、カミソリまたはカッターナイフのような薄型の刃物。
被害者からは、上半身に死因とは無関係の多数の傷と、ガラス片、打撲痕が見つかりました。

それらの傷とは少し違う傷に菊田は疑問を持ちます。
その菊田の気になった傷とは、みぞおちから下腹部にかけて伸びている傷で、死後に、出刃包丁のような厚みのある刃物で切られた傷でした。

捜査会議に姿を見せない姫川

捜査会議が始まっても姿を見せない姫川に苛立ちを隠せない管理官(橋爪俊介)は、姫川を監督できていないと警部の今泉春男(山口馬木也)を怒鳴り散らしていました。

その時に、姫川が颯爽と現れ、管理官の前に真っ直ぐ進み、話があるので会議を中断して欲しいといきなり願い出たのです。

姫川・丸坊主覚悟で水中捜査を

姫川によると、死後死体を損壊したのは池に沈めるためで、風船(内臓)を割る事によって死体が腐敗ガスで浮いてくるのを防いだのだと主張しました。

死体を運ぶ人間と死体を遺棄する人間がいて、死体を一晩放置したのは、何かトラブルが起きたからだと推測。水中へ遺棄する人間が来なかったのは、水中へ遺棄する担当がすでに死んでいたからだと主張しました。

それは憶測に過ぎないと管理官に言われるも、もし私の勘が間違っていたら頭を丸めて坊主にすると言い、水中の捜索を進言しました。
これで何も無かった場合は、今泉も責任を取ることを条件に水中の捜索は許可されたのです。

姫川の推測の根拠

姫川の推測には根拠がありました。
一月前に不審な死を遂げた深沢康之(21)は、敢えてため池に入った事により「ネグレリアフォーレリ」というアメーバに感染して10月21日に死亡。
感染は10月14日前後で金原の事件の1か月前でした。

水質を調べたところ、あのアメーバが確認されたのは、水元公園内のため池のみ。

深沢は保護観察中で勝手に東京から出られないので、何かの理由でため池に入ったと姫川は推測しました。

姫川は、金原と深沢は腹部の傷も一緒のため、同一犯だと推測。
あの池には腹部を切り裂かれた別の犠牲者が沈んでいると主張し、水中捜査のために機動隊の出動要請をしたのです。

金原の変化

半年くらい前から急に性格が変わり、やる気を出して営業をするようになった金原。
金原の妻の話では、半年前から金原は毎月第二日曜日の夜には誰かと会ってたとの事でした。

先月の第二日曜の10月14日は、深沢康之がため池に死体を遺棄した日と一致していたのです。

ガンテツの忠告と不敵な笑み


ガンテツと呼ばれている勝俣健作(江口洋介)は、死体を運ぶ人間と遺棄する人間、何故別々にいると思ったのかを姫川に問いました。

その問いに姫川は、几帳面な包み方と、捨ててあった場所が適当過ぎるところにギャップがあったことが理由だと伝えます。

勝俣は遺棄担当の深沢は3週間前に死んでいて、何故運んだやつはそのことを知らなかったのか?新しい人物を用意したら良かったのでは?と疑問を姫川にぶつけ、疑問を解消しないまま進む姫川の発想は危険だと忠告しました。

そして、勝俣は「今でも怖いのか?暑い夏の夜は」と意味深な発言し不敵な笑みを浮かべて立ち去るのでした。

大塚の目標

巡査の大塚真二(重岡大毅)が勝俣の去った後ドアを開けると、姫川が倒れていたのです。

大事はなく、少しホテルの部屋で休む姫川。
もし今回池から死体が上がっていなかったらどうなっていたかと懸念をする菊田。
部下の事を信用していないから慎重に動けないのでは?と疑問を口にした菊田に大塚は、主任は誰よりも自分たちの事を思ってくれていると伝えます。

「俺は主任に連いて行きます」と宣言し、勝俣班には負けられないと対抗心をむき出しにする大塚。
ノンキャリでもあの若さで班が持てるという夢を見させてくれた姫川を大塚は目標としていたのです。

深沢の妹

11月15日、足立署資料室にて深沢の資料を見ます。

深沢の死体が見つかったのはアパートで、大家さんが家賃回収時に発見しました。

3つ下の妹(深沢ゆかり)がいましたが、深沢が死んだ時には、妹は中央医科大学付属病院の精神科に入院していました。

姫川と巡査の井岡(今野浩喜)は、中央医科大学付属病院を訪れ、ゆかりに面会しようとするも担当医に断られます。
井岡が担当医を引き付けている間に、勝手に姫川は精神科病室に乗り込みます。

姫川はゆかりの姿を見かけますが、話せる状況ではありませんでした。
姫川と入れ違うように、勝俣もゆかりとの面会を希望するも担当医に断られました。

イニシャルS.Nと遺体の滑川

深沢の職場から発見された手帳には第二日曜に「S.N」の文字が書かれていました。

手帳を確認していた頃、姫川が水中捜査を強行した時に見つかった遺体が滑川幸男(38)で業界では有名なクリエイターだと判明しました。

死亡推定日は10月14日頃で深沢が池に入ったとされる時です。
滑川はスランプだったが、今年の春から急に調子を戻したとの証言がありました。

ストロベリーナイト

大塚が聞き込み調査をしていた滑川の大学時代の友人(田代智彦)から大塚に電話がかかってきます。

滑川が「ストロベリーナイト」をネットで調べて見ろと言っていたのを思い出したと田代は言います。
大塚がストロベリーナイトについてネットの書き込みを見つけると、そこには殺人ショーと書いてありました。

ストロベリーナイトのサイトには、妙にリアルな何かに怯えている映像があり、これを見たいですか?の問いに「はい」をクリックすると、忘れた頃に招待メールが来て殺人ショーが行われるというものでした。

大塚は、ダンベルディと名乗る者が
『生贄は無造作に選ばれた観客の一人だよ。毎月14日というのは間違いだ。正しくは、毎月第2日曜だよ。』
と詳しい事を書いていたのを見つけます。
S.Nは人の名前ではなく「ストロベリーナイト」であると分かり、事件は大きく動きます。

姫川と大塚

姫川は、大塚が見つけた資料を基に、管理官にストロベリーナイトの存在を伝えます。

殺人ショーが行われている場所を突き止めるため、姫川は、姫川・大塚・菊田の3人で廃業して使われていないストリップ小屋やショーパブ、ライブハウスをしらみつぶしに捜索すると管理官に進言しました。

自分の意見を上に通してくれた姫川に大塚は感謝をします。

大塚は、捜査一課の刑事になるのが夢だったと姫川に話し、姫川が刑事になろうと思ったきっかけについて聞きました。この問に姫川は、憧れている刑事に絶対刑事になると誓ったと言います。

新たな死体を発見

11月18日、埼玉県戸田漕艇場にて9人の遺体が見つかります。
紐の結び方も切り方も以前の遺体と同じです。

姫川班のみの確認のはずが、勝俣班も現場に来て勝俣は「残念だったな。手柄を独り占めできなくて」と姫川に言って立ち去ります。

勝俣に向かって姫川が「ストロベリーナイトは私の手柄じゃない。大塚の手柄よ!」と言い放つのを見て、大塚はある思いに駆られるのでした。

大塚の単独行動

殺人ショーの場所の捜索中に、大塚は1時間だけ1人にさせてくれと北見に願い出ます。

大塚は、以前自分が逮捕した辰巳という男に会い、お金を払う代わりにストロベリーナイトの掲示板に書き込んでいる人物の名前と住所を特定して欲しいと依頼をします。


大塚は少し入れ込み過ぎているとの菊田の心配をよそに、大塚はもう1度1人にさせてくれと北見に頼みます。そして1時間後に合流する約束で二人は別れました。

大塚は辰巳に25万円を渡し名簿を受け取ります。
悪いことは言わないからこの件から手を引けと辰巳は大塚に忠告します。

行方不明の大塚

名簿を確認していた時、何かに気づく大塚。
その時、大塚の電話が鳴ります。

誰かに呼び出され、一人怪しげなライブハウスに入っていく大塚。
背後から殴られ倒れ込んだ時に、大事なリストを奪われ銃を向けられてしまいます。

何故職務違反である単独捜査を許可したのかと北見を責める姫川。
大塚と連絡がつかず、時間だけが過ぎていきます。

大塚の死

大塚の安否を心配する姫川班の元へ今泉がやってきます。
今泉からの知らせは、大塚が撃たれて遺体で発見されたという悲しい知らせだったのです。

「大塚は私の部下です!」と感情的になり大塚の元へ向かおうとする姫川を、今主任が行っても何もできないと菊田が止めます。

「このヤマ必ずうちが取りましょう。それが何よりもあいつへの手向けになります。」と菊田は姫川に伝えます。

ダンベルディの正体

菊田は、姫川主任宛てに辰巳という男から電話があった事知り、辰巳に会いに行きます。

そこで菊田は、大塚が辰巳からストロベリーナイトの情報を買っていた事を知るのでした。

その情報はストロベリーナイトのサイトに書き込んでいた者の名前と住所のリストで、そこには詳しく書き込みをしていたダンベルディの本名が田代智彦と載っていたのです。
田代は、大塚に滑川の件でストロベリーナイトの事を大塚に話した人物です。

菊田は田代に会いに行くのでした。

殺人ショーとFの存在

田代から菊田はストロベリーナイトの詳細を聞き出します。

ある日、田代はストロベリーナイトというサイトを見つけ、そこに載っていた動画見たさに「はい」を押すと半月後に田代の元へ黒い封筒が届いたのです。
その封筒には自分の戸籍などの個人情報や家族の情報まで細かく入っていて逃げられないと悟ります。その3日後に正式な招待状が来たのです。

田代が招待状とお金を持ってストロベリーナイトのショーを見に行くと、20人程の観客がいて、生贄と呼ばれる人物が目の前で殺される姿を目撃します。

田代は後に、生贄はショーの観客の内の1人だと知ります。
自分が生贄になったかもしれないという恐怖と、無事会場入りできて生き残り目の前で生贄が殺されていく姿を見る優越感に田代はのめり込んでいきます。

ある日、舞台の近くにいた田代は、マスクの男が「そろそろFを呼んで来い。」と言っているのを耳にしたのです。

北見への疑い

姫川と北見は、大塚が捜査で立ち寄った場所を調べています。
物を動かした時に、北見が思ったよりガッチリした体格だったことに驚いた姫川は、北見に学生時代は何をしていたのか聞きます。

勉強ばかりでスポーツはあんまりと答える北見。
大学はどこだったのかを聞かれ、北見は東大の法学部だと答えます。

北見と話をしていた姫川は、ふと遺棄現場が戸田から亀有に移動してきたのは何故か疑問に感じます。

戸田の9人の遺体の第一発見者は東大ボート部の学生。
北見が亀有に来たのは3か月前だと知ると、「もしかしてあなた学生時代はボート部だったんじゃない?」と、姫川は北見を疑い始め事件は大きく動くのです。

黒幕は北見だった

勝俣の元へ情報屋の辰巳から電話が架かってきます。
ストロベリーナイトの黒幕が分かったというのです。

丁度その頃、疑われて豹変した北見が、突然姫川に銃を発砲し襲い掛かります。
姫川は腕を負傷し、北見によって両手に手錠をかけられてしまいます。

時を同じくして、辰巳が勝俣に黒幕は北見だと伝えます。
その頃、姫川に馬乗りになっている北見は、衝撃な事実を姫川に伝えたのです。

大塚は北見に殺された

電話であの怪しげなライブハウスに大塚を呼び出したのは北見だったのです。

北見は自分が喫茶店でアリバイを作りつつ、ストロベリーナイトの仲間に大塚を殺させました。

大塚の事を「情けない奴だった、女のあんたを尊敬していて気持ち悪い」と罵る北見に、「あんたに真二の何が分かるの!」と言って姫川は北見を突き飛ばし、北見の首に両手首の手錠をかけ北見の動きを封じようとします。

北見に傷口を手で強く掴まれ、体勢を崩す姫川に馬乗りになる北見。
北見はストロベリーナイトの衝撃的な事実を姫川に語り始めます。

明かされるFの正体

学生時代に悪いことは全てやりつくしていた北見。
そんな頃出会ったのがFでした。

Fは殺しの芸術家でストロベリーナイトのヒロインだと北見は言います。

そこへ、Fがやってきます。
Fを見た姫川は驚きます。

Fの正体は、精神科病室に入院しているはずの深沢ゆかりだったのです。

殺人鬼になった理由

Fであるゆかりは、子ども頃に母親の再婚相手に暴行をされていました。
性的暴行もあり、ゆかりは自分の事が汚い汚物だと思うようになります。

そんな時、ゆかりはあの金髪の女性に出会ったのです。
金髪の女性は、ゆかりに「君の事分かるよ。私も同じだから」と抱きしめ、ゆかりはその女性(まこ)を慕っていきます。

そんなある日、まこは北見の友人に強姦され殺されてしまいます。
復讐のために北見の友人を追いかけ乗り込んだゆかりは、北見の目の前で北見の友人の頸動脈をスパッとカッターナイフで切ります。

鮮やかな血が噴き出すのを見て、北見は腐ったいちごみたいなダチの死骸みたいになったらおしまいだと気が付きます。

目の前にある死という現実と、その対極にある生きるという価値観。

リアルな自分を再確認するにはストロベリーナイトが必要だったと北見は主張し、ゆかりに姫川を殺せと命令します。
ピンチの姫川に思いもよらぬ事が起こります。

ゆかりの思い

ゆかりは、「あんたと、僕と、全然違う」と言い出します。

ゆかりは、ただ自分が生きているのだと、みんなと同じように血を流しながら生きているのだと感じたかったのです。

人を殺したい訳じゃなく、ゆかりがたった一つ鮮やかに感じられる色が血の赤色で、生きていると感じたかっただけだとゆかりは言います。

いつもと様子の違うゆかりを元に戻そうとしてゆかりの肩を揺する北見。
その隙をついて北見に殴りかかる姫川。

そして逆上して姫川を銃で撃つ北見。
姫川を庇って撃たれるゆかり。

北見に蹴り飛ばされ両手に手錠をかけられた状態で床の大きな裂け目にぶら下がる姫川。
上から階下へ落そうと銃を向ける北見。

裂け目の下は5階程の高さがあり、落ちたら助かりません。

絶体絶命の姫川の元へ、菊田・井岡・勝俣が駆け付けます。

自分が撃たれているにも関わらず、「まこ。助けに来たよ。」と言って落ちそうになる姫川を助けるゆかり。

菊田も手伝って姫川を引き上げます。

その間に勝俣が北見を逮捕しました。

「私も同じよ。あなたと同じだから」と言ってゆかりを抱きしめる姫川。
ゆかりは泣き出してしまいます。

姫川は危険

東京中央警察病院に入院している姫川の元へ勝俣がお見舞いに来ます。

勝俣は姫川の推測に対して、北見はボート部ではなかった事、北見が遺棄場所を亀有に変えたのはこっちの方が車をつけやすそうだったからという理由で推測は外れていたと姫川に伝えます。

根拠もなく犯人を言い当てたり、行動を読んだりできるのは、犯人と極めて近い思考回路を持っているからだと北見は言います。

金原の死体が一晩放置された事について、連絡不行き届きとか?と言っていた姫川。実はその通りで、死体が放置されていた原因は連絡のミスだった事を伝え、勝俣は「だからお前は危険だ」と姫川に言うのでした。

大塚の思いを胸に

姫川は大塚に花を手向けに行きます。

二階級特進で警部補になった大塚。
以前、なぜ刑事になろうと思ったのかを大塚に聞かれていた姫川は、一人静かに驚きの事実を語りだします。

姫川は実は犯罪被害者だった

犯罪被害者だった姫川は、今でも犯人の影におびえてしまいますが、それでも強く生きよう戦おうと思わせてくれたのは当時事件を担当してくれた浅田さんでした。

しかし浅田さんは、姫川を襲った犯人を捕まえようとしてナイフで刺されて殉職してしまったのです。

浅田さんは特進して警部補になったことから、姫川は同じ年までに警部補になろうと決め、警部補になって一緒に戦っていこうと決めたのでした。

「真二。私あんたの分まで戦うから」と、そう心に誓って姫川は進み続けるのでした。

1話感想

遺体の傷がどうやって出来たのか、何が起きていたのかを知ったときは衝撃でした。

ネット上にて興味本位でクリックしてしまった事によりあんな恐ろしい場所へ招待されるのは怖いなと思いました。

大塚が姫川の為にもこの山を絶対姫川班で取ると決め懸命に頑張っていましたが、悲しい結果となり残念です。

もっとこれからも活躍して欲しかったなと思いました。

映画のような第1話目で、これからどのような展開になっていくのか気になります。

1話のポイント

  • ドラマの初めに出てきた少女は深沢ゆかりで、金髪の女性は、まこだった
  • 遺体を大きく切り裂いたのは、浮かび上がらせないため
  • 遺体で名前が挙がった順番では、金原太一→深沢康之→滑川幸男→9人の遺体の順
  • 時系列としては、最初に滑川幸男が殺され、深沢康之が死体を遺棄するために池に入った時にアメーバに感染して深沢が死亡
  • その後、金原太一が殺されて遺棄されるはずが、連絡ミスにより池の近くに一晩遺体が放置されたことにより、事件が発覚
  • その後遺体の遺棄現場が戸田に移り、そこで9人の遺体が見つかる
  • 遺体を池まで運ぶ人と遺棄する人は別々の人物だと姫川が推測
  • 深沢のメモにあったS.Nは「ストロベリーナイト」だった
  • 「ストロベリーナイト」は殺人ショー
  • ストロベリーナイトの黒幕は北見
  • 北見により、大塚は殺される
  • 深沢ゆかりがFで殺人ショーの際に頸動脈を切り、生贄を殺していた
  • 生贄はストロベリーナイトのショーの観客から無作為に1人選ばれる

2話の見どころ

  • 放置車両の荷台から切断された人間の左手首を発見
  • ソウルケイジとは?
  • 死体なき殺人事件の謎とは?

ハラハラとスピード感のある展開で終始目が離せません。
今後の展開が気になります。

1話無料動画

ストロベリーナイトサーガ1話の無料動画がFODで配信されています。

見逃した方や、もう一度見たい方は公式サイトよりストロベリーナイトサーガの1話を無料で視聴しましょう。

ストロベリーナイトサーガの1話無料動画は以下から。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】

関連記事