ストロベリーナイト・サーガ

【無料動画】ストロベリーナイトサーガ6話あらすじ・感想※ネタバレ注意!!

ストロベリーナイト・サーガ6話

ストロベリーナイトサーガ6話無料動画

ストロベリーナイトサーガの6話無料動画は、放送終了後に以下から視聴できます。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】

ストロベリーナイトサーガ6話あらすじ

3人の被害者

連続殺傷事件が発生し、姫川班はその事件の捜査をする事になります。
最初の被害者・峰岡里美(黒沢あすか)は犯人に数ヵ所刺され、近くにいた2人に助けを求めます。

助けを求められた2人は、昼食を食べ終わって店から出てきたばかりの菅沼久志(市川貴之)と小野彩香(横田美紀)でした。

容疑者は峰岡と共に2人も切りつけ、小野は軽傷、菅沼は頸部損傷で失血死してしまいます。

通り魔による連続殺傷事件の可能性も考えられましたが、通り魔の犯行では無かったのです

峰岡重樹

事情聴取で「容疑者とは面識が無い」と峰岡里美は姫川玲子(二階堂ふみ)に答えていましたが、身内の話になった時に顔を歪めた里美の様子を、姫川は見逃しませんでした。

菊田和男(亀梨和也)が戸籍を調べると、里美には重樹という息子がいました。

結婚歴がないため、戸籍上の父親はおらず、住民票も移動していないため、小学校に行った形跡はなく、重樹の消息は不明でした。

重樹は生きていたら18歳で、容疑者と年齢が近く、見知らぬ通り魔ではなく、容疑者と里美は顔見知りなのではと姫川は考えたのです。

葉山の過去

小野は、精神的ショックが大きく、事情聴取できない状態で、葉山則之(葉山奨之)と湯田康平(中林大樹)が話を聞きに家まで行くも、帰って欲しいと言われるばかりでした。

それでも、「小野彩香を当たらせて欲しい」と、小野の事情聴取を願い出る葉山に何かを感じ取った姫川は、葉山の申し出を許可します。

葉山は小野と似たような経験を過去にしていました。

葉山は中学生の頃、自分の目の前で家庭教師の有田麗子(新実芹菜)が通り魔に刺され、殺されるところを目撃したのです。

過去に通り魔殺人の目撃者になったにも関わらず、怖くて証言することもできなかった葉山は、ずっと後悔をしていました

自分と同じ後悔をしてほしくないと、小野の元を根気強く訪れます。

自分の過去の事を、独り言として玄関のドア越しに小野に伝え、そのことに心を動かされた小野は目撃した事を葉山に話します。

小野の証言で、容疑者は里美を刺した時に「ひろくんに謝れ」と叫んでいた事を葉山は知るのです。

白骨死体

里美がかつて住んでいた家は、空き家でボロボロになっており、誰も住めない状態でした。

何か手がかりが無いか、中を捜索していた姫川班は、2~3才くらいの男の子の白骨死体を見つけます。

現場の報告によると、白骨死体の少年は多く見積もっても生きていたら14歳にしかならず、容疑者である重樹とは年齢が違いました。

小野の「ひろくんに謝れ」の証言もあり、重樹の弟なのではと考えられました。

姫川が白骨遺体の事を里美に聞くと、里美は自分の息子だと認めました。『ひろくん』とは、重樹の亡くなった弟だったのです。

意識が回復した重樹

容疑者・重樹は、里美を刺した後に里美が助けを求めた菅沼と小野の2人も傷つけ、再度里美を刺しました。

そして、その後重樹は自殺を図り、意識不明の重体になっていました。

姫川と菊田が、意識の回復した重樹に話を聞きに行くと、重樹は犯行を認めました。

重樹の母・里美は、重樹と弟のヒロを産むも、相手の男に逃げられ一人で2人を育てていました。

しかし、子どもの事を邪魔だと思った里美は育児放棄をし、弟の面倒は兄の重樹が見ていました。

ある日、いつものように重樹は弟と二人でゲームをしていると、弟がコロンと横になります。

弟が眠ったと思い、自分も眠った重樹は母親の叫び声で目を覚まします

眠っていると思っていた弟は実は亡くなっていて「お前がヒロを殺した」と重樹は母親に責められます。

そして、重樹はその後、母親に捨てられてしまうのです。

重樹はやっとの事で母親を見つけ出し、会いに行きます。

弟の事は自分のせいじゃないと、母親に認めて欲しかった重樹は、「ヒロの事なんてどうでも良い」「気味悪いから二度と来るな」と里美に言われてしまいます。

重樹は大事な弟を亡くし、弟が亡くなったのは自分のせいだと母親に言われ、ずっと辛い思いをしてきました。

再会した母親に無下にされた事で、母親を殺し、自分も死んで弟の元へ行こうと考え、犯行に至ったのです。

そして里美を刺した時に、里美が近くにたまたま居合わせた菅沼と小野へ助けを求めたために、重樹は二人を振り払おうと包丁を振り、小野は怪我をし、菅沼は頸部損傷で亡くなってしまったのでした。

ストロベリーナイトサーガ6話感想

重樹が育児放棄をされず、育児放棄されていたとしても、せめて弟が亡くなった事は母親・里美のせいだと里美が認めてくれていたら、こんな悲しい事件は起きなかったのではないでしょうか。

大事な弟が亡くなり、その事を自分のせいだと言われて捨てられ、やっと見つけた母親に、弟の事をどうでもよいと言われ、二度と来るなと言われた少年・重樹の気持ちを考えると胸が痛みます。

他人を巻き込んでしまったことは犯罪だし、殺人は許される事ではありませんが、母親を殺して自分も死のうと思わせるほど、我が子を追い詰めた母親の責任と罪は重いです。

今回(ストロベリーナイトサーガ6話)のポイント

  • 連続殺傷事件があり、被害者3名の内、1名は亡くなってしまった
  • 容疑者・峰岡重樹は、子どもの頃に母・峰岡里美に捨てらた
  • 母親に捨てられた峰岡重樹は、内田茂之と名乗っていた
  • 重樹は殺そうと里美を狙い、他2人は居合わせてしまい、巻き込まれてしまう
  • 重樹には弟・ヒロがいたが、里美が育児放棄し亡くなり、姫川たちに白骨した状態で発見される
  • 重樹は執拗に里美を刺したが、里美は重症ではあるものの助かった
  • 弟が死んだのは自分のせいだと里美に言われ、ずっと辛い思いをしていた重樹は、里美の居場所をつきとめ会いに行くも無下にされる
  • 重樹は里美を殺し自分も死んで弟の元へ行こうと考え、犯行に至った

次回(ストロベリーナイトサーガ7話)の見どころ

  • インビジブルレインとは?
  • 復讐・殺人の連鎖
  • 謎の男に迫る姫川

今回は大事な弟を育児放棄により亡くした兄が、母親を殺して自分も死のうとして起こした悲しい事件でした。

次回は、復讐や殺人の連鎖の話で、謎の男も出てくるのでどのような展開になるのか気になります

ストロベリーナイトサーガの6話無料動画は以下から視聴できます。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】

関連記事