3年A組 ―今から皆さんは、人質です―

【ドラマ動画】3年A組(3A)の8話あらすじ・感想※ネタバレ注意

3年A組8話

前回(第7話)は、フェイク動画を依頼した犯人が遂に明らかになりました。

そして8話では新たな黒幕の正体や衝撃の新事実が…

見逃した人はこちら
>>3年A組をHuluの無料トライアル期間で視聴する

3年A組(3A):8話あらすじ

警察で取り調べを受ける武智(田辺誠一)は、無実を訴え呟く。「僕は何も悪くない…」

しかし、既に世間ではSNSの人間によって解析された武智の殺人疑惑の証拠となる動画が拡散され、武智の悪事を暴いたものたちの勝利宣言で溢れかえっていた。

ついに澪奈の死の原因となったフェイク動画の真相にたどり着いたと思う3年A組の生徒たちは、未だ解放されない理由を一颯(菅田将暉)に問う。

すると一颯は澪奈の死の原因はこれがすべてではないと告げ、むしろこれからが「本番」であると突きつける。

戸惑う生徒たちに一颯が与えた次なる課題は…「自習」。回収していた鞄や携帯電話を返却し、今日1日を思い思いに過ごすようにと告げる。

一方、郡司(椎名桔平)は、一颯の真の目的を突き止めるため、文香(土村芳)を訪ねる。

郡司は文香の話から、武智の背後にいる人物が誰なのかを知る。

捜査が進み、武智が澪奈を殺害した犯人という証拠が固まっていく。武智はまもなく自供すると思われたが…。

そして、自習を進める教室の中、瑠奈(森七菜)が武智の動画を見返していると、とある驚愕の事実に気付いてしまう…。

この物語の「本番」が始まる。真の謎、真に伝えること、その行く先とは…。衝撃的第8話が幕を開ける。

――という物語が展開する。

公式HPや公式ツイッターアカウントなどで見ることができる予告動画には、今田美桜演じる唯月が涙を流すシーンとともに「再び揺れる生徒たち」というテロップが。

さらに、菅田将暉演じる一颯が倒れているシーンには「衝撃は、二度訪れる」という文字も…。

この予告動画を見たファンからは、SNSなどで「柊先生、倒れてる!心配…」「また美桜ちゃん泣いてる…!」「次がどうなるか気になりすぎる!」などの声があがっている。

引用 – ザテレビジョン

3年A組(3A):8話キャスト告知

3年A組(3A):8話感想

賄賂を受け取っていた武智

武智は文部科学大臣の槇原と手を組んで、大学へ生徒を推薦する見返りに賄賂をもらっていました。

武智は元同僚だった相楽文香に対し、野球部のエースを推薦させてくれないかと頼み込みます。

しかし野球部の生徒はプロを目指していたため、相楽は武智の依頼を断ります。

これに不満を抱いた武智は、相楽文香が生徒とラブホテルに入ったように見せるフェイク動画を、ベルムズに依頼して作らせます。

これが原因で相楽文香は辞職に追いやられた模様です。

自白したベルムズのリーダー岸

諏訪(今田美桜)は岸に電話で、なぜ自分に景山の動画を撮るように依頼しなかったのか留守番電話で問いかけます。

これを警察署内で聞かされていた岸は、フェイク動画を依頼したのが武智であること、さらに武智を操っていた人物がいてその人物がベルムズのバックにいることを自白します。

このことから、諏訪に対して少なからず好意を持っていたことが伺えます。

景山が自殺した日の動画もフェイクだった


堀部瑠奈(森 七菜)は景山が自殺した日に一緒にいた動画を独自で解析し、思わぬ事実に気が付きます。

解析した結果、ビルから出てきた男は武智ではなく、柊でした。

まさかの新事実に生徒たちは困惑します。

柊は生徒たちに、この事実をどうするかはお前らに任せると言い、教室を後にします。

さらに動画に映っていたのは景山ではない可能性もあり、そもそも動画自体が偽物である可能性が高くなりました。

目的は武智への復讐と生徒たちは推理します。

相楽文香は五十嵐の実の娘だった

相楽文香の戸籍謄本を調べた結果、相楽文香の母は五十嵐(大友康平)の元妻であり、五十嵐とは実の親子関係でした。

武智によって教師を辞職させられた相楽文香の復讐もかねて、柊、五十嵐、相楽孝彦は手を組んでいました。

五十嵐は内部告発により、理事官の座を降ろされることになり、柊は仲間を一人失うことに。

しかし、本当の狙いはこれだけではなさそうです。

ガルムフェニックス登場

1人で校舎内に入ってきた郡司は、柊とバトルすることになります。

柊が人を殺すようなやつではないとふんだ郡司は、積極的に柊に詰め寄ります。

持病の悪化もあり劣勢に追いやられる柊でしたが、土壇場で救世主が現れます。

まさかのガルムフェニックスが参上です。


ヒーローが警察と戦うという謎の展開になりますが、ガルムフェニックスのファンである堀部は大興奮。

本当の黒幕は?

文部科学大臣の槇原ではなく、真の黒幕がいると五十嵐は言っていましたが、いったい誰なのでしょうか。

文部科学大臣という肩書だけでも十分インパクトはありますが、それよりもヤバイ人物が黒幕ということになります。

となると警察関係者か総理大臣?クラスの人物でないと辻褄が合わなくなります。

まだまだ謎が残っている為、次回も目が離せません。

ぐっ、くるっ、ぱ

柊が生徒たちに対して言った「ぐっ、くるっ、ぱ」。

こと言葉が今回(8話)で重要なキーワードになっていました。

ぐっと踏みとどまって、くるっと頭を一周させれば、ぱっと正しい答えが浮かぶ。

物事を発信する際、勢いに任せるのではなく一度冷静になって考えてみることの重要性を教えてくれました。

特にSNSでの発信は一度公開してしまうと、取り返しのつかないことになりかねないです。

最近Twitterなどで炎上する動画が頻繁にあがっていますが、SNSを利用する際は本当に注意しないといけないということを、このドラマは教えてくれているような気がします。

3年A組をHuluの無料トライアル期間で視聴する

スペシャルメイキング&朝礼体操 教えて甲斐先生!

【ドラマ動画】3年A組(3A)のキレキレのダンス(体操)特集3年A組のダンス(体操)が話題になっていますが、公式Twitterよりダンスのレッスン動画が配信されています。プライベートで踊れるように、振付を練習して覚えましょう!...
関連記事