時事

2019年3月27日は『さくら(桜)の日』由来・意味について

さくらの日

毎年3月27日は『さくら(桜)の日』と言われています。

なぜこの日がさくらの日と呼ばれるのでしょうか?

さくら(桜)の日の意味・由来は語呂から

さくサクという言葉の「さ(3)」と「く(9)」を取り、これらの数字をかけた値が
3 x 9 = 27
となるため、3月27日がさくら(桜)の日となっています。

さくら(桜)の日は日本さくらの会が制定

さくら(桜)の日は、日本さくらの会が制定した記念日です。

日本さくらの会は、昭和39年(1964年)東京オリンピック開催の年に日本の花「さくら」の愛護、保存、育成、普及等を目的に、初代会長「船田 中」衆議院議長を中心として超党派の国会議員有志により設立されました。
※参考:日本さくらの会とは

さくらの会の主な事業は以下の通りです。

  • さくらの愛護、植栽、普及事業
  • 啓発顕彰、さくらの保全、研究、相談、機関紙、資料等の編纂、発行事業
  • さくら交流事業
  • さくらの植栽に関する資材及び出版物等の販売
  • その他この法人の目的を達成するために必要な事業

さくら(桜)の日(3/27)生まれの有名人

さくら(桜)の日(3/27)が誕生日の有名人は以下の通りです。

さくらと言えば、さくらももこ

直接さくらの日とは関係ありませんが、さくらと聞いて多くの人の頭をよぎるのは、2018年に53歳の若さで亡くなった、さくらももこさんでしょうか。

自身の少女時代をモデルとした代表作『ちびまる子ちゃん』の主人公の名前でもあり、日曜日の夜は家族全員でちびまる子ちゃんを見ている家庭も少なくないでしょう。

2月に開催された「さくらももこ ありがとうの会 ~さくらももこから みんなへありがとう~」の春休みアンコール開催が決定しています。


開催期間は2019年4月14日(日)までとなっています。

イベント詳細

【さくらももこ ありがとうの会 ~春休みアンコール開催】

  • 期間:2019年3月21日(木・祝)〜4月14日(日)
  • 時間:10:00〜18:00
  • 会場:ちびまる子ちゃんランド横特設会場(エスパルスドリームプラザ3F)
  • 入場料:無料
関連記事