時事

原価マスクの値段は高い?一般的なマスクの料金と比較してみた

埼玉県にあるガジェットを提供する『トリニティ株式会社』が原価マスクを販売開始しました。

原価マスクとは、その名の通り『原価 = 販売価格』として売られるマスクのことです。

一般的なマスクの料金

一般的なマスクの料金は通常時だと50枚入りで2,620円~3,000円(税込)程度です。

1枚あたり、52.4円~60円

原価マスクの値段は2,176円

原価マスクの値段は50枚入り2,176円(税込)となっており、1枚あたり43.52円と、通常のマスクに比べて10円ほど安いことになります。

原価マスクの内訳

原価マスクの内訳は以下のようになっています。

  • 仕入価格:1,469円
  • 輸送費:150円
  • 関税:69円
  • 倉庫手数料:200円
  • カード決済手数料:70円
  • 消費税:218円

1,469+150+69+200+70+218 = 2,176円

本来は上記の内訳以外に、

  • 送金手数料
  • オペレーション費(人件費)
  • パッケージ費
  • WEB制作コスト
  • サーバー費用
  • 経理処理
  • etc…

といったように、細かいコストがかかるのですが、トリニティ株式会社はそれらを一切値段に含めずに販売するとのことです。

原価マスクは高くない、むしろ安い

原価マスクの内訳からも分かる通り、原価マスクは決して高いわけではなく、むしろ安いです。

原価で売っているのですから当たり前といえば当たり前ですが、なにかと文句を言う人が増えている今、せっかくの善意でおこなってくれているサービスを批判する行為はやめましょう。

なお、原価マスクは転売対策として1回の注文あたり4箱(200枚)までの制限をもうけています。

さらに、購入後7日間は再購入できないシステムとなっているため、連続して購入することはできません。

パッケージにも販売価格(2,176円)が記載されているので、転売で買おうとしている人は要注意です。

関連記事