日常

【裏技】タクシーが雨の日に全然来ない!捕まらない人は必見

【裏技】タクシーが雨の日に全然来ない!捕まらない人は必見
  • 朝起きたら大雨で、駅まで行くのがツライ
  • 寝坊したらめっちゃ雨降ってる…このままじゃ遅刻だ…

そんなとき、タクシーを使おうと考える人は多いですよね。

でも、いざタクシー会社へ電話をかけてみると、全然捕まらない…なんなら電話に誰も出ない、なんて経験をしたことはありませんか?

雨の日にタクシーが全然来ない、捕まらない理由と、その対策方法について紹介をします。

雨の日はみんなタクシーを利用したがる

雨の日は、タクシー会社にとって稼ぎ時でもあります。

なぜならみんなが同じような理由で、移動手段としてタクシーを使おうと考えるからです。

今日は雨か…タクシーで行こっと…

もしあなたがこのように考えたのであれば、他の人も同じことを考えています。

特に朝や夕方の通勤・通学ラッシュの時間帯は、ただでさえタクシーの利用者が多いです。

雨が降ることで、より捕まりにくくなるのは、当然といえば当然です。

雨の日はタクシー会社の電話は常に込み合っている


雨の日は、タクシーを利用したいと考えるお客からの電話が、ひっきりなしにタクシー会社へかかってきます。

タクシー会社で働いているスタッフはそれほど多くないため、電話に対応できる人数には限りがあります。

何回電話しても話し中だ…
全然繋がらない…

と、イライラしてしまう人も出てきます。

ですが、タクシー会社も好きで電話に出ないわけではありませんので、イライラするのはやめましょう。

じゃあどうすればいいのか?

雨の日はタクシーを呼ぶのは無理なのか??

実は雨の日でもタクシーを簡単に捕まえる方法があります。

雨の日にタクシーを呼ぶなら配車アプリを使おう


タクシーを呼ぼうとする際、多くの人はタクシー会社へ連絡をしているため、電話が込み合ってしまい、なかなかタクシーを捕まえることができません。

わざわざ繋がりにくい電話をかけなくても、無料で使えるタクシー配車専用アプリを使えば、高確率で雨の日でもタクシーを捕まえることができます。

タクシー配車アプリの使い方


タクシー配車アプリの使い方はいたってシンプルです。

  1. アプリを開いて、乗りたい場所を指定する
  2. タクシーを呼ぶ
  3. タクシーに乗る

これだけです。

アプリを開くと地図が表示されるので、乗りたい場所をタップするだけで、タクシーを呼ぶことができます。

タクシー配車アプリのメリット

さらに、アプリによっては乗るたびにクーポンがもらえるものもあるので、使わない手はありません。

電話で呼ぶと迎車料金を払わないといけませんが、アプリで配車を頼むとクーポンが使えるので、迎車料金は実質無料になります。

雨の日に捕まりやすいおすすめの配車アプリ

タクシー配車アプリはいくつかありますが、そのなかでも雨の日に捕まりやすいおすすめは、以下の4つです。

GO

GOは対応エリアが日本一充実しているタクシー配車アプリです。

初回ダウンロード時に500円OFFのクーポンがもらえ、さらに今ならキャンペーンで5000円分のクーポンがもらえます

タクシーを利用するなら絶対に入れておきたいアプリです。

GO タクシーが呼べるアプリ 旧MOV×JapanTaxi

GO タクシーが呼べるアプリ 旧MOV×JapanTaxi

Mobility Technologies Co., Ltd.無料

S.RIDE

エスライドは、『スライドするだけでタクシーが呼べる』をコンセプトに作られたアプリです。

タクシーを待っている間に、アプリ上から目的地の入力もできるので、乗ってからイチイチ運転手に説明をする手間が省けます。

タクシーの配車はエスライド(S.RIDE)

タクシーの配車はエスライド(S.RIDE) ※PR

S.RIDE Inc.無料

Uber


Uberは、スマホでハイヤーを呼べるサービスとして登場したアプリです。

日本だとウーバーイーツの方がなじみがある、という人も多いのではないでしょうか。

Uber

Uber

Uber Technologies, Inc.

DiDi


DiDiは東京限定で、乗車料金が毎回最大30%OFFになり、さらに迎車料金が無料という、利用者にとても嬉しいアプリです。

また、配車される車両の80%がアルファードなので、広くて快適に移動することができます。

DiDi タクシーが呼べるタクシー配車アプリ

DiDi タクシーが呼べるタクシー配車アプリ

DiDi無料

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください