お笑い

霜降り明星せいやリベンジポルノで吉本が法的措置を検討【ハニートラップ(ハニトラ)】

霜降り明星せいやリベンジポルノ

お笑いコンビ霜降り明星のせいや(27)が、SNSで知り合った女性とZOOM飲みを開催し、下半身を露出してセクハラをしたという報道が文春オンラインで流れました。

ZOOMの利用規約上、この行為は完全にアウトですが、そもそもどうしてこのような状況になったのでしょうか?

せいやが所属する吉本興業は、今回の件は報道に問題があるとして「法的措置を取ります」と説明しているようです。

せいやが悪い?女性側に問題はなかった?

今回の件は、もちろん下半身を出してしまったせいやに問題があります。

しかし、いくらなんでも急に一般女性に対して自分の性器を見せるでしょうか。

女性側もタイミングを見計らってスクショするのはどうなのでしょうか。

もちろんお酒が入っていたということで、せいやが調子に乗ってしまったというのはあるでしょう。

とはいえ話が下ネタのほうに進んでいったのは、女性も楽しんでいたからでは?と疑問に思う人も多いようです。

そして不思議でしょうがないのが、この女性には旦那と子供がいます。

旦那さんにZOOM飲みのことを伝えずに、LINEでハートマーク付きでやり取りをしている時点で、人によっては『不倫』と言われてもしょうがないのではないでしょうか。

せいやはリベンジポルノをされてしまった

残念ながらせいやはハニートラップにひっかかってしまい、結果としてリベンジポルノという一生消えない傷を負ってしまいました。

女性も本当に嫌なら週刊誌(文春)ではなく、警察に相談するべきだったでしょう。

週刊誌に情報を提供したのは、この事実がネタになると思ったからにほかなりません。

今回の件に関しては、多くの人がせいやに同情をしています。

せいやには今回の件をネタにして、霜降り明星の今後に期待したいところです。