ロック

ホルモンのオススメ曲5選!!ライブでの定番曲や盛り上がる曲を厳選

チケットが入手困難すぎてファンから文句が出るほど人気のホルモン。

ライブで間違いなく盛り上がる人気の5曲を紹介します。

※ホルモンは著作権に厳しいので、Youtubeなどの動画サイトには音源がほぼありません。

恋のメガラバ

2006年に発売された曲で、ホルモンの人気を底上げした1曲です。

全作詞・作曲を行っているVo/Gtの亮君いわく、恋の○○というタイトルをつけるときはキャッチーでポップなメロディーに相当自信があるときしか付けないとのことです。

カラオケでも人気の曲なので、ホルモンは知らなくてもこの曲は知っているという人は多いのではないでしょうか。
ライブでは知らない人はほぼいない為、確実に盛り上がります。

絶望ビリー

アニメ版DEATH NOTEのエンディング曲にもなった曲です。

イントロのギターリフは超絶かっこよく、サビもしびれます。
歌詞を見る限りDEATH NOTEのことを考えて書いたとしか思えない内容ですが、めちゃくちゃいい曲です。

絶望ビリーはアルバムぶっ生き返すに収録されています。

ぶっ生き返す

ライブでこの曲のイントロが流れたらめちゃくちゃ盛り上がります。
イントロのギターリフが終わったらヘドバンの嵐です。

サビでナヲと亮君のハモる箇所は本当にカッコよすぎます。

タイトルもぶっ「こ○す」ではなく、ぶっ「生き返す」という言葉のチョイスをするあたりに亮君のセンスを感じます。

ぶっ生き返すはアルバムぶっ生き返すに収録されています。

恋のスペルマ

恋の~シリーズの最新作です。

ポップなミュージックとヘドバンポイントが見事に合わさった1曲となっています。

この曲はライブでのノリ方をホルモン自ら動画で説明してくれています。
楽しそうにはしゃいでるメンバーの姿に、見ているこちらまで笑顔になります。

恋のスペルマはアルバム予襲復讐に収録されています。

「F」

国民的マンガであるドラゴンボールのフリーザの頭文字から取ったタイトルの曲です。

ドラゴンボールの作者である鳥山明がホルモンのライブをライブハウスの2階席から見ていた際に、インスパイアされて作った劇場版のタイトルがまさかの『復活の「F」』です。

最近のライブでは、曲の間奏のところでフリーザのボイスが流れたりします。

また、MAD動画でも有名になりました。

「F」はアルバム予襲復讐に収録されています。

関連記事