俳優・女優

窪田正孝と水川あさみの馴れ初めはあの共演作品だった!【交際2年】

俳優の窪田正孝と女優の水川あさみが21日に結婚したことが明らかになりました。

僕たちがやりましたで共演


2人は2017年のフジテレビ系連続ドラマ『僕たちがやりました』で共演しています。

僕たちがやりましたは、以下の豪華キャストが出演しているドラマで、平均視聴率は6.1%でした。

  • 窪田正孝
  • 永野芽郁
  • 新田真剣佑
  • 間宮祥太朗
  • 葉山奨之
  • 今野浩喜
  • 川栄李奈
  • 岡崎紗絵
  • 板尾創路
  • 榊原郁恵
  • 水川あさみ
  • 三浦翔平
  • 古田新太


ドラマの中では、窪田正孝が主人公の増淵 トビオ役を演じ、水川あさみがトビオの教師役である立花 菜摘を演じました。

僕たちがやりましたのあらすじ

凡下高校生徒の2年生・増渕トビオは、同級生の丸山友貴と伊佐美翔、OBで金持ちのパイセンこと小坂秀郎と共に、そこそこ楽しい日常を送っていた。

凡下高校の隣には、不良校で有名な矢波高校があり、彼らに目を付けられてしまったマルはボコボコにされてしまう。仕返しすることにしたトビオグループは夜間の矢波高校に忍び込み、パイセンの財力で作ったプラスチック爆弾を校舎の各場所に設置した。翌朝、遠隔操作で爆弾を起動させ、矢波高をパニックに陥れていくが、プロパンガスの近くに設置した爆弾の爆発がプロパンガスに誘爆し、死傷者も出る大惨事に発展する。

パイセンはトビオたちに口止め料を払い、伊佐美はグループを抜け、トビオとマルはパイセンと共に国外脱出を図るが、パイセンが捕まったために国外への脱出は断念。マルはトビオの口止め料の大半を奪い、贅沢をしてから捕まることにし、残されたトビオは、あてのない逃亡生活を送り、脱退した伊佐美は恋人の新里今宵の許で捕まるまでの時間を過ごすようになる。矢波高の不良リーダー・市橋哲人は犯人がトビオグループだと察し、トビオの幼なじみの蒼川蓮子の協力を得て、トビオグループの行方を追うが、怪我が原因で舎弟たちから見捨てられていく。そんな時、パイセンそっくりの男性・真良中幹男が自首したことで、トビオグループは無罪となった。

釈放されたパイセンから、「父親が代役を用意して、自分たちを助けてくれた」ことを知らされたトビオたち3人は身代わりによる無罪を無理にでも納得しようとするが、刑事の飯室成男から呪詛の言葉を送られたことや改心しながらも自殺した市橋、パイセンの父・輪島宗十郎の真意を初めとした様々な苦しみから、大々的な自首を決意。渋谷で決行するが、輪島の怒りを買ってしまい、パイセンの異母兄弟の輪島玲夢に拉致されてしまう。マルと伊佐美は逃げ出し、パイセンは玲夢を殺害したために警察に逮捕されるも、自首騒動は輪島の力でもみ消され、残されたトビオは被害者として扱われ、彼らの自首は失敗に終わった。

それから、10年後。トビオたちはパイセンの出所祝いで久々に集まるが、10年前のような仲良しグループではないことを痛感する。それでもトビオは10年前の事件のトラウマで苦しんでいたのをパイセンのおかげで開き直ることができたので感謝するが、矢波高爆破事件で矢波高生たちが火だるまになっていく光景を見た日に、本当は笑っていたことを思い出すのだった。

Amazonプライムで『僕たちがやりました』が見放題


今ならAmazonプライム会員限定で、ドラマ『僕たちがやりました』が全話見放題です。

僕たちがやりました以外にも、人気ドラマ・映画・アニメなど多数の動画が見ることができますので、まだAmazonプライム会員に登録していない方は今すぐチェック!

\ 月額たったの500円