スポーツ

山根視来(やまねみき)のプレースタイルとは?

山根視来(やまねみき)のプレースタイル

サッカー日韓戦にて、初ゴールを決めた山根視来(やまねみき)プレースタイルについて解説をします。

山根視来(やまねみき)のプロフィール

名前 山根視来(やまねみき)
生年月日 1993年12月22日
出身 神奈川県横浜市
職業 プロサッカー選手
所属 Jリーグ・川崎フロンターレ
ポジション ディフェンダー

山根視来(やまねみき)のプレースタイル


山根視来(やまねみき)は、現在はディフェンダーですが、元々アタッカーだったため、安心してシュートを見ていられると、ファンの間では定評があります。

代表入りする前からも、

「国内右サイドで代表に一番近いのは山根だと思ってる」

という声は非常に多かったです。

最初は、ディフェンダーとして登録されていますが、代名詞は『ドリブル』でした

プロに入る前までは、ドリブルを生かしての攻撃的な選手としてプレーしていて、プロに入ったあと、

  • 3バックの右やウイングバック
  • センターバックにコンバート

を経験するなどしています。

最終ラインでのプレーを経験したことで年々、守備力が向上していて、自慢の攻撃力に確かな守備力や豊富な運動量が加わり、リーグを代表するセンタバックに成長しました。