バラエティ

【動画】8時だJ!最初で最後の大同窓会。超貴重な映像がまとめて盛り沢山!!

ジャニーズJr.がメインを務めてた伝説のバラエティー番組『8時だJ』が20年ぶりに復活しました。

一夜限りの超貴重な映像が盛り沢山!

新たな伝説が生まれました。

オープニング~Can do! Can go!~

絶対的リーダーだったタッキーは当時から数々のドラマに出演していました。

魔女の条件では視聴率30%近い数字を記録。

MCで噛みまくるタッキーが可愛いです。

今ではテレビキャスターとして活躍している櫻井翔のあどけない姿も放送されました。

ちょっとイキってる櫻井くんも可愛いですね。

「と言いますのは」
これは1周回って流行語になる可能性ありますね。

櫻井君、日サロに行っていたことを暴露しています。

お尻の日焼けが猿のようになっていることを公表しています。

吉野家の牛丼を絶賛する生田斗真。

当時13歳だった山Pの若かりし頃はクールさゼロです。

松潤の好きな歴史上の人物は聖徳太子でした。

おバカなミスをするMJもいいですね。

相葉君に蹴られて泣いたというエピソードもありました。

テコンドーをする生田斗真に注目です。

嬉しくてヒロミに抱きつく生田斗真が可愛すぎますね。

生田斗真がひな壇から放ったひと言がまさかの「トイレに行きたい」。

そして本当にトイレに行きう〇こをしてきたとイジられます。

しかしこの事件の真実は滝沢秀明が仕組んだということを20年越しにカミングアウトします。

当時14歳の錦戸はかわいさ全開で、食べるだけでファンの悲鳴があがります。

天使のようなハイトーンボイス(もののけ姫)も披露しています。

その歌声が買われMステにも出演しています。

体重が軽すぎて箱の上に乗ってしまっています(段ボールが沈まなかった)。
これはまさにハプニングですね。

二宮和也は脱力系キャラで独特の存在感を発揮しています。

乳首小っちゃいアピールをするタッキー。

今だとテレビで規制されてしまうかもしれない可能性もありますね。

二宮和也はアクロバットで華麗なバク転を披露していました。

風間俊介はアイドルらしからぬ暴露を連発するキャラでした。

タッキーに色々と暴露をされて、学校でイジられまくっていたことを告白する風間俊介。
性格の良さがにじみ出ていますね。

一つ年下の生田斗真
共に第1回から出演していた二人。
そこで生田から松本へ謝罪したいことがありました。

松本の方が年上ということもあり、喧嘩をしても負けていた生田は、松本が遊んでいたゲーム(プレステ?)のCDにスプレーをかけたというエピソードを告白。

大好きなゲームを遊べなくされた松本は生田のことを許しませんでした…。

丸山隆平と安田章大は、メインのみんなを差し置いてマラソン大会でワンツーフィニッシュを飾ったことを告白。スタッフ泣かせをしていた可愛らしい時代もあったようです。

何かあればタッキータッキーという風潮があった当時、ちょっとくらい自分たちにもチャンスをくれても良かったのでは?と村上は訴えます。

人気がある人物を押したいのは仕方のないことではありますが、それに対して不満を持つ人も出てくるのは、ある程度仕方がないことと言えますね…。

タッキーに対して嫉妬や妬み、嫉みがあったという村上。

今はライバルがいたからこそ成長することができたと村上含め関ジャニ∞のメンバーは語ります。

しかし、横山と村上以外はタッキーへの圧倒的リスペクト感を話し、急に立場が危うくなる二人にも注目です。

メインどころしか指さないんだろうなぁと思っていた櫻井を、ひな壇に座っていたにも関わらずヒロミは櫻井を指してコメントを求めました。

突然チャンスに櫻井は面白いことを言おうと考え、堅い口調のキャラを演じヒロミに返します。

これがきっかけで次の週からヒロミは櫻井を指名する頻度が高くなりました。

チャンスは与えられたときはみずから掴みに行かなければならないと、現在の櫻井は語ります。

それに対しヒロミは
「フッたらきっと何かしら面白いことやってくれるだろうと思ってた」

「自分が思うままにただ勝手にやっているだけ」
とのこと。

8時だJメンバーに見守られながら、タッキー&翼正真正銘のラストステージが開催されました。

トレンドはジャニーズだらけです。

関連記事